出典Spotlgiht編集部

ドラァグクイーンのナジャ・グランディーバさんが、男女の恋の悩みにモノ申すコーナー「オネエに白黒つけさせて!」。この時期は、ハロウィンにどんな仮装をしようか、楽しみに準備している方も多いですよね。みんなをアッと驚かせるようなアイデアで視線を独り占め!…なんてね。

今日のお悩みは、そんな「サプライズ魂」を持った彼氏さんからのもの。彼女への「公開プロポーズ」を考えているそうです。

付き合って1年になる彼女にプロポーズをしようと考えています。せっかくなら、彼女の記憶に残る素敵なプロポーズをしたいと思っているのですが、ネットを見ると遊園地や街中などで行われた「公開プロポーズ」に対して賛否両論が巻き起こっているようです。公開プロポーズは果たしてロマンチックなのでしょうか?ヒントを下さい!(25歳男性)

出典Spotlight調べ

ナジャ:なるほど。「公開プロポーズ」っていうのは、みんなの前でやるフラッシュモブとかそういうやつのことなんかな?私も動画をいくつか見たことあるけど…ちょっとウルっとくるよね(笑)。

私が見たのは、プロポーズされる彼女のお友達とか知り合いが次々出てきて2人を祝福するやつだったけど、とっても幸せな気持ちになって、ええなって思った!私も相手が伊藤英明さん(←ナジャさんのタイプ)みたいなイケメンだったら、ぜひやってもらいたいわ(笑)。

実は「フラッシュモブ」などの公開プロポーズが苦手な女性も多い!?

もちろん、サプライズプロポーズは成功するとは限りません。意外なことに、実は公開プロポーズが嫌だという女性も結構多いみたいなんです。

女の子が「ノー」と言いにくい状況が大問題

出典Spotlgiht編集部

ナジャ:やっぱりみんなに見られている状況でプロポーズされても、女の子は冷静な判断ができなくなるよね。「みんな練習してきたんやろな」、とか、「やっぱり空気読んだ方がいいのかな」、とかさ。

そもそもさ、女の子って本当にフツウじゃないプロポーズを望んでいるのかな?好きな人とだったら、2人きりでも十分ロマンティックやと思うけど…。

ーーふむふむ。ナジャさんの結論は?

出典Spotlgiht編集部

【結論】公開プロポーズは人のを見て楽しむのが吉。どうしてもやりたければ、彼女の希望を徹底リサーチすること

ナジャ:私的には公開プロポーズは「ナシ」。もし、どうしてもやりたいなら、まずは一緒にフラッシュモブの動画を見て、彼女の反応をリサーチすることが大切だと思うよ。

フラッシュモブが始まってしまうと自動的にどんどん巻き込まれて行っちゃうけど、「ジャン!はい、彼女のお答えは?(当然イエスですよね?)」みたいな圧力はかなりあると思う。本心では「ちょっと待ってよ」って思っているかもしれないのに。ここはやっぱり女の子のことを考えて、ちゃんとお返事できる状況でプロポーズしたほうがええんと違うかな。

あと、公開プロポーズをして失敗しちゃう傾向としては、彼女がしてほしいこと、してほしくないことを理解できていないっていうのが共通点としてあると思う。これから結婚して長い人生歩んでいこうとしているのに、「なんで求めてもいないのにサプライズしたの?」っていう怒りに変わってしまえば「別れる」ことにもなりかねない危険な賭けかも。

特別なものにしたいっていう男子の気持ちもわかるけど、あくまでも一番大事にするべきなのは彼女の気持ちやからね。

【ナジャ・グランディーバ プロフィール】
関西のドラァグクイーンとしてショーやイベントで活躍する傍ら、最近ではタレントとしてもバラエティ等に出演。関西テレビ「ダレトク」、福岡放送「クロ女子白書」では準レギュラー、MX「バラいろダンディ」ではレギュラーとしてマルチに活動している。

<取材・文/まつざきみわこ 写真/長谷英史>

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス