日本で乳幼児用として販売されているミルクといえば「粉ミルク」が一般的です。しかし、衛生的な水を確保したり哺乳瓶を煮沸消毒することが必要だったりと手間がかかるのも事実。災害時の水不足で粉ミルクをあげられない、といった事例もあるようです。

そんなときに便利なのが「液体ミルク」です。
日本では現在製造販売されていませんが、液体ミルクなら容器内のミルクをそのまま飲ませることができ育児の負担軽減になるため、多くのママから[早く日本でも販売を」との声が上がっていました。

そしてついに先日、政府が「日本での液体ミルク販売の解禁」に向けて動き出したとの報道があったのです。

1日も早い認可が待たれますが、実際に液体ミルクを使ったことのある芸能人ママの声を見てみましょう。

熊本地震のときに里田まいさんも推薦していた

今こそ、絶対便利だと思う!!

未開封であれば長期常温保存可能、蓋をあけて乳首を付ければそのまま飲ませることが出来、
水やお湯も必要なし。

震災時にはかなり便利と思います。

哺乳瓶が消毒出来ずにいるとのコメントもあった…

認可されてほしい…

東原亜希さんは、震災時のミルクの大切さを痛感した

出典 http://ameblo.jp

粉ミルクを運んでる映像をみて
つくづく 本当に液体ミルクの大事さを痛感。
きっと
お湯を沸かすことすら困難なのではないかと。

小さな赤ちゃんいる方のこと
どうしても気になってしまいます。

明日は我が身!
離乳食とかも防災リュックに
入れておかなくてはいけませんね。

こんなときこそ
げんきに!
頑張っていきましょう!!!

日本でもAmazonなどで買えるがちょっと高め…

震災のときに話題に上がっていた液体ミルクもゲット。アメリカに来たら絶対買う!と決めていたものです。
NYでは薬局で販売していて、分量や月齢によってサイズの大小、メーカーの種類がありました。(小さいサイズの液体ミルクは、乳首も付いています)

日本では粉ミルクが主流です。
外出時は、ミルクを溶かすお湯をポットに入れて持ち歩くのですが(親切なお店だとお湯を頂けますが…)、液体ミルクでしたら、一つバッグに入れておけばオッケーなのでお手軽。
緊急でお湯がすぐ用意できない時は本当に助かります。

Amazonなら手に入るみたいですがお高めなので、日本でも薬局などでもっと手軽に購入できたら有難いです。。!

東原亜希さんは海外育児で使用していた

出典 http://ameblo.jp

液体ミルクについてフェイスブックで署名活動してるそうで。

馴染みがないから
知らない人が多いのだそう。

災害時、外出の緊急時。
わたしも長女を海外で育てた時は
ミルクが作れない環境のとき
何度かお世話理なりました。
こんなに便利なのに。

たぶん
ミルクが必要な時期って
限られているから
声を上げ続ける人が
少ないのかもしれないですね。

保育園問題も。

渦中にいる時は
深刻な問題でも
時が過ぎてしまえば

そうだった
大変だったなぁ

で終わってしまうもんね。

日本でも
普通に買えるようになることを願って!!

医師で母でもある友利新さんの意見は

私自身、液体ミルクを使用した事はありませんが液体ミルクは災害時など、かなり重宝すると思います。

常温もしくは冷蔵の状態でベビーに飲ませるという感覚は、私たち日本人には抵抗がありますが、国際基準では問題ありません。

今回のような大地震では、常温保存でき、殺菌が必要ない乳首(にゅうしゅ)付き液体ミルクは活躍するはずです。

現実は個人輸入という形になってしまいますが、今後は災害時の事も考え日本でも販売される事を期待します。

海外育児などで液体ミルクを使ったことのある方からの評価はとても高いようですね。
今まで日本での製造販売がなかった理由としては、厚生労働省による規制や製造コストが高いことなどが挙げられます。
早く日本でも液体ミルクを気軽に買える日が来て欲しいですね。


この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス