Licensed by gettyimages ®

FacebookやInstagramで話題になっている『どちらでもいい』という詩が注目を集めています。

『20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわ」の法則』という本の著者"田口久人(たぐち・ひさと)"さんが紹介してくれた心軽くなる詩『どちらでもいい』一見投げやりにも聞こえますが、実際、どちらでもいいんです。人生の選択肢はたくさんあり、そして、どちらでも自分で選ぶことができる。どっちを選ぼうが自分が選んだことならば後悔もない、人のせいにもしない、自分が思うよりも、もっと自由でもっと可能性に溢れていることを教えてくれます。

田口久人さん

慶應義塾大学卒。今までに2000人以上の学生を個別指導し「いかにその人の魅力を引き出すのか」を追求し続け、NLPを活用した独自の目標達成セミナー、就職セミナーなどを開催。充実したキャリアを築くための方法を伝え、多くの20代から圧倒的な信頼、支持を得る

出典 http://self-pr.net

田口さんの言葉の数々は、時に傷ついた心を、疲れた心を、固く閉ざされた心を揉み解すように響くと話題になります。忙しい現代社会中、日々頑張るあなたに、ほっとするような時間と、新しい気づき、そして、背中を優しく押してくれるような至極の言葉たち。今回、ご紹介する「どちらでもいい」この詩も、きっとあなたの役に立てるのではないでしょうか。

どちらでもいい

友達は多くても少なくてもいい
本音を話せる人がいるなら
年収は高くても低くてもいい
幸せに過ごせるなら

家は広くても狭くてもいい
自分に合っているなら
モノを増やしても減らしてもいい
大切なものがわかっているなら

頭が良くても悪くてもいい
まわりを喜ばせられるなら
性格は明るくても暗くてもいい
個性の1つだから

化粧は厚くても薄くてもいい
自分の魅力が伝わるなら
子供は褒めても叱ってもいい
愛情が伝わっているなら

夢は小さくても大きくてもいい
叶えられるのなら
人生は短くても長くてもいい
本当に後悔をしないのなら

出典 https://www.instagram.com

物事の本質さえ見極めていたらどっちだっていい。感情ではなく理性。自分が望む答えを導き出すって実はとてもシンプルに考えればいいのではないでしょうか。

ネガティブなニュアンスで捉われがちな「どちらでもいい」この詩の中では、とてもポジティブに表現されています。選択肢はたくさんある、一歩踏み出すのは自分自身。踏み出す背中を押してくれるような詩ですね。

「どちらでもいい」人生に答えはありません。自分が決めるもの

出典 https://www.instagram.com

自分で決めていいんですよ。あなたの人生は他の誰のものでもない、あなたのもの。人に任せるのではない、人の意見に流されるのではない、自分で決めていいんです。その結果、失敗しても挫折を味わっても、きっと、後悔なんてしないのでは?

・「どちらでもいい」=「他人に惑わされる事なく、自分にとって一番いい選択をしなさい」って意味だと私は受けとりました。

・幸せは自分の物差しなんです。こうじゃないといけないなんてないと思います。

・つまりは目先の良い悪いに惑わされる事なく、本質を追求しろって事ですね(^^)

・本当に人それぞれだから、、、この詩は多様性を詠っているんだと思う。責任責任って言ってるリバタリアンは人に厳し過ぎ。

・他は共感出来るのだが、夢は叶わなくても良いなぁ。
それを持って頑張れるなら。

出典 https://www.facebook.com

Licensed by gettyimages ®

歳を重ねているといつの間にか「~であるべき」「どちらかでなければ」という固定概念に縛られてしまいがち、でも、これってとても窮屈ですよね。

どちらでもいいんです。あなたが頑張れるなら、楽しく人生を送れるのであれば、そして、後悔しないのであれば!

※権利者の許可を得て掲載しています。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス