記事提供:favclip

俳優で歌手の星野源が10月5日にリリースした新曲『恋』は、自身が主演する10月スタートのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の主題歌だ。

ドラマのエンディングに共演者の新垣結衣らとともに踊るダンスも話題となっている同曲は、10月14日放送のテレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』でも披露される予定となっており、さらにその人気は高まっていくだろう。

カップリング曲『Continues』の参加メンツが豪華!

そんななか併せて注目したいのが、同曲のカップリングとして収録されている1曲『Continues』。

スカパー!のリオパラリンピック放送テーマソングとなった同曲は、<命は続く 日々のゲームは続く>と歌うサビが印象的だが、曲中で4回歌われるこのサビ部分は、3回目からコーラスの人数が増え、4回目はさらにキーも上がってどんどん壮大さを増していく。

ここで驚かされるのが、このコーラスに参加している面々だ。

CDには「CHORUS(TOMODACHI)」とクレジットされているが、そこに記載されているのは、「黒沢かずこ・櫻田泰啓・平岩紙・福岡晃子・ムロツヨシ・レイザーラモンRG・鷲崎健」という7人の名前。

つまり、お笑い界からは「森三中」の黒沢とレイザーラモンRG、俳優仲間からは平岩紙とムロツヨシ、ミュージシャンでは福岡晃子(チャットモンチー)と櫻田泰啓、さらにラジオパーソナリティも務める鷲崎健が参加しており、

各方面から豪華なメンツが集まってのコーラスとなっているのだ。なかでも、レイザーラモンRGはすべてファルセットで参加していると言われており、同曲のサビを聴きながらRGの高い美声(?)を探すのも楽しいだろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス