記事提供:しらべぇ

コンビニで女性から嫌われることなんてありえない…と思いがちだが、中にはやらかしてしまう人たちもいるらしい。しらべぇ取材班は、女性たちに話を聞いてみた。

①「応募シールが欲しい」

「彼に『したいことがあるから、一緒についてきて』と言われて、連れて行かれたのがコンビニ。なんだろう…と思っていたら、彼はパンコーナーへ直行。そこで『この商品券が後1枚あれば、景品に応募できるんだけど、もう食べれないからさ…。

店員にバレないように見張ってて』と、笑いながら…。そしてパンの包装紙についているシールをベリベリ剥がし出して…。みみっちいし、犯罪みたいだし、最悪で…。一気に冷めました」(Hさん・25歳)

出典しらべぇ

②コンビニの餌食にされている

「コンビニへ行くと気が大きくなるのか、お酒やお弁当、お菓子などをバンバン買っていく彼。『お金がもったいないよ』と注意しても、

『いいじゃん。コンビニなんてそんなに金額いかないし』と言うものの、1回のコンビニでのお会計が2,000~3,000円なんてザラ。さらにそれをほぼ毎日繰り返していて…。結果、給料日前には『とくに何も使ってないのに、金が無い!』と大騒ぎ。

コンビニはひとつひとつの単価は安いけれど、結局いろんなものを買ってしまうため、散財しやすい場所。完全にコンビニの餌食にされていて、引きます」(Rさん・29歳)

出典しらべぇ

③「ごめん…返して…」

「いい感じになっていた男性とコンビニへ。お会計の時に、彼はいいところを見せようとしたのか、『彼らが幸せになりますように!』と、お釣りをすべて募金箱へ。しかし、その後に買い忘れが発覚。改めてレジに行ったのですが、お金が足りず…。

私も財布を持ってきていなかったので、悲惨な状況に。彼は店員に向かって、おもむろに『ごめん…さっき募金箱に入れたお釣り、返してもらっていいですか…?』と、なんとも情けないことを…。

でもその募金箱は、箱があかない仕組みらしくNGと、これまた情けない結果に。言うまでもなく、すべてにおいて冷めました」(Sさん・29歳)

出典しらべぇ

コンビニといえど、女性からドン引きされる可能性は十分にあるようだ。コンビニに女性と行く時には、心して行ったほうがいいだろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス