記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
あれ? いつの間に? 気づかない間に黒ずみができてしまったお尻にびっくりしたことはないでしょうか?

友達との温泉旅行など、人に見られる前に治したいものです。自分に合った解消法で綺麗なお尻を目指しましょう。

要チェック項目

□男性にできるお尻の黒ずみの原因はニキビ?
□黒ずみに自分で作るアロエペースト
□食事による改善方法

お尻の黒ずみは刺激とストレス

お尻に黒ずみが出来る原因を知っておく事で黒ずみ予防に役立ちます。ほとんどの黒ずみは日々お尻の皮膚に与えられているストレスや刺激が原因です。

ストレスや刺激を感じると体は肌を守ろうとメラニン色素を出します。このメラニンが蓄積することで黒く見えてしまうのです。

仕事上デスクワークをしていたり自転車通勤をしているなど、どうしてもお尻に負担がかかってしまう方もいます。

普段の生活でお尻にどのようなストレスや刺激を与えているか自分の生活環境と照らし合わせて見てみましょう。

お尻の黒ずみの原因と種類

摩擦によるもの

締め付けているパンツが原因することもあります。生地とお尻の間に摩擦が生じ、それによて皮膚の奥側に黒ずみができてしまいます。

この症状を「摩擦黒皮症」と言い、なかなか改善しにくいのが特徴です。女性のストッキングも締め付けがきついものを使用していると蒸れやすくなり皮膚の機能が低下し新陳代謝がうまく行われない可能性もあります。

締め付け=黒ずみが発生しやすい状況ということになります。

乾燥によるもの

外部からの刺激がなくても、冬場などの乾燥が原因で皮膚が水分を保とうと角質化が起こります。こうして角質が厚くなると、透明感のある皮膚は曇りガラスのようにくすんで黒ずんでみえます。

かぶれや炎症によるもの

皮膚が、かぶれや炎症を起すと、その部分に色素の沈着が起きてしまいます。この場合には、炎症やかぶれの原因になるものを特定して使用を止めるなどの措置が必要になります。

炎症部分を掻いたりすると、状態が悪化させないためにも掻かないように気をつけましょう。

ホルモンバランスによるもの

妊娠や出産、ストレスや生理不順などのホルモンバランスが変化することによって、お尻の黒ずみが出てしまう。

ホルモンバランスが崩れた時に黒ずみが発生してしまうケースです。ホルモンのバランスが安定することによって解消していくようです。

汚れによるもの

十分に汚れが落ちていない毛穴に老廃物が貯まりニキビなどができ、黒ずむことも。ごしごしと洗うのもかえって肌が受けるストレスで黒ずんでしまうので、優しく洗い、しっかり洗剤は流すよう心がけましょう。

男性のおしりの黒ずみの特徴

男性にできるお尻の黒ずみの原因はニキビによるものが多いです。男性の場合女性と比べると皮膚が分厚く硬い特徴があります。

皮膚が分厚い分ニキビが巨大化し、ひどい黒ずみが残りやすくなってしまいます。

女性以上に黒ずみが起きている人は多いかもしれません。治療に関しては男性も女性も関係はないそうです。

緊急時の対処法

緊急時、荒業ですがとりあえず隠すという方法があります。海水浴やプール、温泉に行かなければならなくなってしまった時にファンデーションやコンシーラーで隠すという手段です。

肌にダメージを与えてしまう危険を伴うので、人前でお風呂に入るなどのときはタオルで隠すなどのやり方のほうがいいかもしれません。

恋人に見られたくない場合には極力見えない体制をとる、もしくは正直に話してしまう方が肌にはいいでしょう。

お家でできるお尻の黒ずみ解消法

レモン汁

レモン汁にコットンを浸して、お尻の皮膚をやさしく拭きます。もしくは、レモンを半分に切って、黒ずみが気になる部分を2~3分間円を描くようになで、10~15分放置。

レモン汁が乾いたら、ぬるま湯で拭き取ります。保湿美容液を塗りましょう。ない時にはオリーブオイルで代用できるようです。

自分で作るアロエペースト

砂糖大さじ2杯、エクストラバージンオリーブオイル大さじ1杯、アロエの果肉大さじ1杯をペースト状に混ぜ合わせます。

このペーストを二週間に1回のペースでお尻の黒ずみ・ざらつきが気になる部分に塗り円を描くように撫で、10~15分放置。ぬるま湯で流し保湿美容液などを塗りましょう。

食事による改善方法

主な黒ずみに効果的な成分をご紹介します。メラニン色素の色を透明にしてくれる「ビタミンC」ターンオーバーの働きを正当にしてくれる「ビタミンB2」皮脂の分泌量を整えてくれる「ビタミンB6」の3つの成分です。

この3つの成分の入った食品例(ビタミンC) ピーマン・ブロッコリー・アセロラ・いちご(ビタミンB2) レバー・すじこ・納豆・かつおぶし(ビタミンB6) にんにく・とうがらし・さんま・ピスタチオ意識的にこれらを摂取するようにすることにより黒ずみを徐々に改善できるようになります。

≪気づけば肌荒れがひどくなっている…あなたの生活習慣は大丈夫?≫
肌荒れ、カサカサ、ニキビ、たるみ、シワ…肌トラブルの原因を調べてみよう

美しいヒップを目指しましょう。

お尻にできた黒ずみの原因に心当たりはあったでしょうか? 皮膚にかかるストレスや刺激を抑え、気になる黒ずみ対策に美白や保湿を心がけ美しいヒップを目指しましょう。

ケアを継続していくには時間と手間がかかってしまいますが、その時間も美しくなるための時間。

自分流のケアを楽しめるよう工夫をすることをお勧めいたします。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス