記事提供:小島慶子オフィシャルブログ

25歳はもう女の子じゃない!っていうCMが物議を醸してますね。

ちょっと!

25歳すぎたらもう女の子じゃないって、ひどくない?と怒っている人もたくさんいるようです。

私の感想は、それとはちょっと違います。

女性が「女の子」じゃなくなることが、なんでいけないことなの?って、思います。

25歳からはもう女の子じゃないのね!がーーんと、若い女性がショックを受ける…、という描写。

そうよ、女は「女の子」じゃなくなったら特権を失うのよ!と言い聞かせる友達…。

女性は可愛らしい「女の子」じゃなくちゃ、価値がない、っていう一部の差別的な男性目線を、いつの間にか女性自身が信じてしまって、どうしようわたし、女の子じゃなくなっちゃう!

いつまでも女の子でいさせてよ!って、幼さにしがみつかなきゃならない。

そんな世の中、変じゃない?

いいじゃん、女の子じゃなくて。

大人なんだし。

もしあのCMが25歳からは女の子じゃないのよ!

がーん…。

いや、待てよ。

それ何が問題なのよ?

ん…?そうよね。

なんでいつまでも女の子やんなきゃならないのかしら。

別にふつーに大人でよくない?

若い子サイコー!みたいな見方しかしない人に、なんでいつまでも好かれなきゃいけないと思ってたのかしら。

そうだね。

25歳からはふつうに大人だよね。

楽しいことたくさんあるしね。

うん。

メイク楽しいし!

仕事頑張ってるし!

前よりも出来るようになったことが増えたし。

知識も経験も増えたし。

そっか。

大人になるって自由になるってことなんだね!

わーい。

てな会話だったらいいよね。

カワイイとラブリーを永遠にアップデート!

するんじゃなくてね。

私は今44歳ですが、人生で今が一番、楽しいです。

20代はしんどかったなあ。

求められる「女子」にどうしても馴染めなくて苦しかった。

今はもう誰からも可愛げのある女の子とか、気の利く女子とかを求められなくなって、一人の大人として扱われるようになってめちゃくちゃ楽になった!

ああ、あるべきお母さん、てのを一方的に押し付けられることはあるかもしれないけど気にしてません。

別にその人、うちの家族のこと、なにも知らないんだし!

的外れなダメ出しはスルースルー。

えーと、だからね。

女性が可愛い女の子でなきゃ、素敵な奥さんでなきゃ、完璧なママでなきゃいけない、なんて言われる世の中にはみんなでNO!って言おうよ!ってこと夜中に長々書いちゃった。

読んでくれて有難う。

ではでは、おやすみなさーい!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス