記事提供:日刊大衆

「みなさまの」ものだった時代は遠くなり視聴者の信頼を失いつつある巨大組織。破綻の足音はすぐそこに――。

2016年7月31日に投開票され、小池百合子氏が当選した東京都知事選挙は、ある意味で歴史的なものとなった。NHKでも流れた政見放送で「私の公約はただひとつ。NHKをぶっ壊す!でございます」と候補者が宣言。

「職員の人件費の平均額は年間なんと1800万円」「NHKは犯罪の総合商社」「キャスター同士の不倫などの事件について、NHKはこれを隠蔽しています」「NHK集金人が悪質、凶暴」との主張を繰り広げ、合計9回も「NHKをぶっ壊す」と笑顔で連呼し、大きな話題を呼んだのだ。

その候補者こそ、『NHKから国民を守る党』の立花孝志代表だ。約20年間、NHK職員として勤務し、05年に不正経理を内部告発して退職。ジャーナリストとして活動後、3年前に同党を設立し、15年に船橋市議に当選した立花氏が、巨大組織に鋭く切り込む。

「元NHK職員がNHKのスタジオで“NHKをぶっ壊す”と宣言して、それがそのまま流れたら、話題になるとは思っていました。供託金300万円で、それができるわけですからね。やっぱり、笑顔で“ぶっ壊す”というのが大切。真顔で言っていたら怖いじゃないですか。

未来の有権者である子どもたちにもアピールできたと思いますね。本当の改革は、笑顔で楽しくやることなんですよ。収録も和気あいあいとした、いい雰囲気でした。職員からも“さすがです。頑張ってください”なんてエールまでいただいて。

現場は、NHKの問題点を分かっています。ただ、既得権益を持つ人たちに改善の意思が希薄なのです。末期的症状ですね」立花氏は選挙公報にも自身の携帯電話番号を掲載。

<NHK集金人が来なくなる撃退シール無料配布中>と呼びかけた。「反響はすごかったです。日に200から300件もの電話がかかってきて、今も日に20~30件ほどの電話がありますね。NHKへの怒りが多かったです。

撃退シールは、都知事選に出る前でも月1000人ほど“送ってくれ”と来ていましたが、最近は月5000人来るわけです。そのみなさん全員が支持者だとはいいませんが“シールください”と住所と氏名を教えてくれる方が月5000人ずつ、年間で6万人ずつ増えているわけですから。応援をいただいていると思いますね」

06年から開始された、携帯電話でもテレビを視聴することができるワンセグ放送。NHKはこれまで、このワンセグ機能付き携帯電話しかない世帯にも契約と支払いを求めてきたが、この8月26日、事態に変化があった。

「テレビを見られる機器がワンセグ機能付き携帯電話しかない場合、NHK受信料を払う契約を結ぶ義務はない」という判決を、さいたま地裁が下したのだ。この判決を受けてNHKは控訴。徴収を継続すると発表し、大きな議論となっているが、立花氏は裏側をこう明かす。

「これは我が党所属の大橋昌信朝霞市議が、さいたま地裁に提訴したもので、一審は勝利しました。背景には、NHKの強引とも言える料金徴収という問題があります。

地デジ化などでテレビが見られなくなったから契約を打ち切りたいという人に対して、NHKは“携帯電話持ってますよね。ワンセグ映りますよね?”と、強引に契約の継続を迫ろうとしている。

つまり、解約を抑止するためのワンセグ契約、という側面もあるんですね。さいたま地裁に提訴した例では、住居の壁が厚く、室内ではワンセグのテレビが映らない環境にもかかわらず“室内で見られなくても、外出すれば見られる”という論理で、料金を徴収しようとしている。

こんなおかしな言い分ありますか? 現在、大阪、東京、水戸、それぞれの地裁で同様の裁判が行われています。政見放送での主張で注目を集め、ワンセグ裁判の一審で勝利したことで信頼を勝ち取ったのではないかな、と思っています」

NHKは解体せよ!不祥事に慣れてしまった組織

8月30日、NHKは渋谷の放送センターを1700億円で建て替えることを発表した。20年の東京五輪後に着工し、完成は36年になるという。この建て替え計画は「そもそもの始まりからして、おかしい」と立花氏は指摘する。

「発端はNHKに金が余っていたことですよ。08年にNHKは受信料を10%値下げする方針を出したんですが、実際には“東日本大震災等の影響が大きい”といった理由から7%しか値下げしなかった。

しかし結局、11年度は黒字で、その後も黒字が続いている。この点について、“これなら当初の予定通り10%下げられる”と国会で指摘されると、3400億円もの巨費を投じた放送センター建て替え計画を発表したんです。

要するに、受信料を値下げしたくないがために出た計画で、合理的な理由はないに等しい」当初3400億円だった建設計画は、その後、1700億円と見積もり金額が半分になった。

「これはもう子ども騙しですよ。1700億円は建物だけの費用で、ほぼ同額と思われる設備費は含まれない。結局、総額の3400億は変わっていません。新センターの完成は36年と20年先です。

ネットが急速に進歩する現代において、はたして1700億円もかかる設備が必要でしょうか。動画配信がスマホ一台でできる時代ですよ。イギリスの公共放送であるBBCは自社設備の一部を売却し、必要に応じてレンタルするなどの合理的な経営をしています」

この数年、NHKと、その関連会社には不祥事が相次いでいる。14年にはNHKビジネスクリエイトの女性営業部長が、不正経理で懲戒解雇されていたことが明らかになり、NHK出版の編集長が約900万円の架空発注で懲戒免職。

15年6月にはNHKアイテックの担当部長が240万円のカラ出張で諭旨退職し、12月には同社の男性社員2人が架空発注で2億円を着服していたことが判明。

今年に入っても負の連鎖は止まらない。1月に男性アナウンサーが危険ドラッグ所持で逮捕されたかと思うと、9月25日には53歳のNHK静岡の副局長が自転車泥棒で逮捕された。なぜ、ここまで連続するのか。

立花氏は、12年前に「紅白歌合戦」などの番組で2億円近くの架空の制作費を詐取して詐欺罪に問われ、懲役5年の実刑判決を受けた元NHKチーフプロデューサーの事件が引き金では、と推測する。

「それ以前からも不正は続いていましたが、隠蔽されていたんです。私が職員だった当時も、タイムカードを押さず、締め日になってからの調整は日常でした。“月の残業代は50時間が限度。

サービス残業をしている月もあるから、そうでない月は限度まで残業代をつける”という具合です。中には3泊4日の出張予定を2泊3日で切り上げ、“3泊4日で申請して何が悪いんですか”と真顔で聞く職員もいました。

金銭に絡む事件・不祥事は、NHKの経理が甘いことと“ごまかしてもバレなきゃいい”という、法令順守の意識が希薄な体質があるということです。最も憂うべきは、不祥事に慣れてしまったこと。

以前は不祥事があると、受信料徴収の際、“ご迷惑おかけしています。しっかり改善いたします”とお詫びしていました。しかし、現在は徴収を外部に委託し“放送法で決まっている”の一点張りで、不祥事を顧みてのお詫びはない。

これはNHKが視聴者との信頼回復を考えず、“法律なんだから料金を払え”と言っているのと同じです。一から改善するという意識がなくなった、私はそう見ています」

「みなさまのNHK」とは真逆の放送局

昨15年度のNHKの決算によると、事業収入は6868億円。民放キー局トップの日本テレビ放送網の売上高3070億7700万円、最低のテレビ東京の1073億9600万円と比較して、いかに巨額であるかが分かるというものだろう。

この事業収入のうち、受信料は6625億円と96%以上を占めている。受信料は前年度と比べ、実に131億円もの増収となった。

「収入が増えたのは個人の受信料ではありません。ホテルチェーンなどと一室ごとに受信契約を結ぶようにしたせいです。昨年末に、一室ごとに支払え、というNHKの訴えを認める判決が出た影響でしょう。

こうして外部から対峙していると、NHKは拝金主義へと舵を切った、という印象が強いです。私がいた当時は、内部の問題はあったものの、公共放送という意識や現場の空気は感じ取れました。それも現在では薄れています」

13年からNHKのトップとして君臨する籾井勝人会長への風当たりも強い。15年には自宅とゴルフ場を往復したハイヤー代約5万円をNHKに請求させた問題が浮上し、今年2月には、国会で相次ぐ不祥事について「心からおわびする」と陳謝した。

しかし、立花氏は籾井会長を、こう評価する。「NHKの若手職員には、評判は悪くないんです。会長は三井物産出身で日本ユニシスから来た、NHKの既得権益に染まっていない“正義の人”“真っ白な人”ですから。

問題のハイヤー代も、自分で払う気まんまんだったのに、秘書が気を利かせ、付け回しにした。こうしたことをソツなくこなすことが優秀だという、NHKの体質が根底にあると思いますね。籾井会長は来年1月に任期の3年を迎えます。本人はやりたいでしょうが、再任は厳しいと思います。

世間のイメージは決してよくないし、続投は安倍政権にとって失点になりかねませんから。ただ、私としては、あの世代なら誰が会長になってもスタンスは一緒。凝り固まった考えが手に取るように分かりますから。

ホリエモンのような世代の人物が来ると、戦術を変える必要もありますけどね(笑)」立花氏はさらに、NHKのためとして、以下の提言を続ける。「本当に改革・改善を行うなら、経営委員会にどんどん若手を入れるべき。

旧態依然の発想では、今後、NHK離れは必至です。NHKがこの先も存続するためには、私を会長にすべきですよ。私は心構えも計画も持ち合わせていますから。改善のため意見を求められることや、場合によって局内での立場を与えられることがあれば、喜んで受けますよ」

立花氏が最も危惧するのは、NHKと視聴者との距離だ。「みなさまのNHK、というスローガンがありましたが、現在やっていることは、まったく逆の営利活動。受信料にしても、支払っていない人の所だけ回っている。

本来なら、支払っている人の意見こそ直接聞くべきではないでしょうか。私はNHKが好きだからこそ、まっとうな組織に戻ってほしい。これからも生き残っていける経営改善が必要だと思い、外部から活動しているんです」

危機に瀕したNHKは、この声をどう聞くのか。今後を見守りたい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス