記事提供:Techinsight

出典 https://twitter.com

川栄李奈と浜野謙太

川栄李奈といえば2014年に起った握手会傷害事件でケガをし、その後AKBを卒業することになり、当時は多くのファンが彼女の心身の状態を心配したものだ。だが、川栄李奈は人々が思うよりもはるかに強い人間だったようだ。

このほどその川栄李奈が、朝ドラ女優としてバラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』にゲスト出演した。MCの有吉弘行とはAKB48時代からバラエティで幾度も共演してきただけに、この日の川栄のトークを「ちょっと女優っぽくしてるの」といじられてしまった。

そんな彼女は朝ドラ『とと姉ちゃん』でキャストの座を手にするまでオーディションを重ねたことなど興味深い話を聞かせてくれたが、それは序章に過ぎなかった。バラエティではおバカキャラとして引きの強いトーク、女優としてはその演技力が高く評価されている。やはり川栄李奈は“持っている”ようだ。

今年の3月に放送を終えた『有吉AKB共和国』にも度々出演した川栄李奈。10月6日の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に登場すると「有吉さん、けっこう私のこと好きですよね?」と開口一番見事な攻めを見せた。

だが、残念ながら有吉から「メインゲストに座っているのは僕にとって不思議」「ただの足の臭いバカと思っていた」と一蹴されてしまった。

そんな川栄はNHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に森田富江役で出演したが、それはオーディションでヒロイン役には選ばれず回ってきた役だという。前作『あさが来た』や次作『べっぴんさん』も受けたが落ちたと明かしており、これからもオーディションを受けていくとやる気を見せていた。

プライベートについても視聴者からの質問に答え、食生活では“焼き刺身”(市販の刺身をバターと醤油味で焼いたもの)が好きだという。さらに“ざざ虫”を食べたいと挑戦した。子どもの時に手についた芋虫を舐めたところ苦くて、それから虫を食べることに興味を持ったそうだ。

ざざ虫とは長野県の天竜川に生息するカワゲラなどの幼虫で、主に佃煮として食べられている。「見た目はグロテスクだけど栄養価が高い」と知って食べる機会を探していたそうだ。佃煮でも慣れないと抵抗がある人もおり、共演者が顔をしかめるなか彼女は「シャリシャリして美味しい」と願いを叶えていた。

ドラマのオーディション秘話に“ざざ虫”初体験と見せ場を作った川栄李奈。最後に明かしたのが「アゴの下がカエルのように膨らむ」悩みだった。喉の部分をまるでカエルみたいに自在に膨らませることができ、周囲も予想以上の状態に驚いていた。

悩みと紹介したものの、彼女は特技程度に思っているようだ。それでも心配だからと病院で医師に診てもらったところ「本当ですね」「あまり拝見したことないし珍しいですね」とやはり驚かれた。

リンパ節は腫れていないがガマ腫(唾液腺が詰まり口の底などに袋状のモノができる)の可能性を考えてMRI検査を受けることを勧められ、川栄も嫌いな注射をしないのであればと検査を受けることになった。

スタジオで検査結果を知らされたが、異常はなく一安心だ。しかし医師によると「これ以上膨らむようであればさらに精度の高い検査が必要かもしれません」という。その場合は注射をすることになると聞いて「今のままで痛くないので、たぶん大丈夫です」とやんわり断る川栄だった。

思えばAKB48時代から“おバカキャラ”でブレイクした一方、ドラマでの演技力は高く評価されていた川栄李奈。2014年5月25日の握手会傷害事件でケガをしたが、10月8日の公演で復帰する。しかし事件の影響もあったのだろう、2015年3月26日にグループを卒業する意志を発表して8月4日に卒業した。

その年の9月11日には舞台『AZUMI 幕末編』で主演を務め、演技や殺陣の才能を絶賛されるばかりか、セリフを覚えるのが早いと評判にもなった。

今年の11月11日からは主演舞台『あずみ~戦国編』が始まる。今回の『THE夜会』でこれでもかと見せ場を作ったように、川栄李奈には人やその視線を惹きつける力があるのだろう。これからますますの活躍が期待される。

出典 https://twitter.com

医師の検査を受ける川栄李奈

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス