■東京で大規模な停電が発生

10月12日午後3時半頃、東京都内の広い範囲でおよそ35万戸が停電が停電するという事態が発生。原因は埼玉県新座市にある東京電力の関係施設で火災のようです。

停電自体は、東京電力がルートを変更して電気を送電したことで、4時頃には多くの場所で解消されました。


しかし、この停電で多くの方々が”ある悲鳴”を上げています。

■それは…

作業中のデータが飛んだ…

Licensed by gettyimages ®

そう、多くの方がパソコンで仕事や作業を行う昨今、僅かな時間の停電でもデスクトップパソコンを使われている方にとっては致命的なんです…

■Twitter上には多くの方の悲鳴が…

WHY!!!

Licensed by gettyimages ®

この様に、停電直後から作業中のデータが飛んだという悲鳴が、あちらこちらから上がっています。

漫画家の久保ミツロウ先生も…

ご愁傷様ですとしか言いようがありません…

どうやら時間差だった様子。

こんな時のアイスは大事

この様に、デスクトップパソコンで作業している方であれば、一度くらいは経験したことのあるこの悲劇。なにも停電だけでなく、たまたまコンセントが抜けてしまったとか、電源トラブルとか、色々な事が原因で「電力供給が止まりパソコンが消えてしまった」という経験はあると思います。

こればっかりは、バッテリー内蔵ではないデスクトップパソコンを使用している以上仕方ないのか…。


いえいえ、まだ諦めるのは早いです。何と”あるアイテム”を使えば、仮に停電が起きて電力供給が止まってもしばらくは大丈夫らしいんです!

■そのアイテムとは…

無停電電源装置(UPS)という装置

出典ももかん作成

UPS??

色々なITに詳しそうな人が、この停電のタイミングでこぞってオススメしてくるUPSという装置。一体これはどんな装置なのでしょうか?

▽UPSとは…

Licensed by gettyimages ®

UPS(無停電電源装置)とは、予期せぬ停電や、入力電源異常が発生した際に、電源を供給する機器(負荷機器)に対し、一定時間電力を供給し続けることで、機器やデータを保護することを目的とした装置です。

出典 http://www.ntt-f.co.jp

なんだか小難しい説明ですが、ようするに「停電などが起きても、一定期間は電力を供給し続けてくれる機械」のようです。

たしかにこれがあれば、仮に今回のような大停電が発生しても、作業中のデータは安心かもしれません!

■でも注意が必要です!

あくまで、「時間を稼いでくれる」装置です

Licensed by gettyimages ®

そう、あくまで「少しだけ時間を稼いでくれる装置」なので、停電が起きている事に気がついたら、とっとと保存してすぐに使用中のパソコンを終了させる必要があるんですね。

■とにかく、大事なデータを扱うなら…

まさにその通り。作業をしていた時間はプライスレスです。場合によっては作業中のデータどころか、パソコンそのものがオシャカになる可能性もありますからね…。

何かある前に、UPSの様な機材を導入するのも大切かもしれません。大事なデータを普段から扱う方は、これを機に導入を検討してみてはいかがでしょう。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス