牽制球を投げておこうかな、と、

「イケハヤさん、◯◯さん紹介してください」

…ということを、よく言われるんですよ。「家入さん」「はあちゅうさん」「梅木さん」あたりが頻出ですかね…。家入さんはレアポケモン並に捕まらないですよ!

もちろん話の中身次第ではあるんですが、基本的に、こういう紹介依頼はスルーしています。

なぜか!

面倒だからである!ドドーン!

逆にいえば、ぼくが「面倒だ」と思わないのなら、紹介をするパターンもあります。

でもまぁ、最近ひきこもっているのでそういう気持ちになることは、ほとんどない気がします。なんかメリットがあればいいんですけどね。

その手の「紹介」は、こちらとしては手間でしかないので、お金払うくらいの意識がほしいですね。まぁ、たぶんそれでもやらないけど…。

10万くらいもらったら考えるかも?いや、どうだろう。なんか友だちを売るみたいで気持ち悪いな。

少し先の未来には、そういうC2Cビジネスも出てくるのかもしれませんね。

有料でビジネスマッチングをする、的な。

たとえば「イケハヤさん、家入さんを紹介してください」といったときに、紹介者(イケハヤ)と時間を売ってくれた相手(家入さん)にお金を払う、というマッチングシステムはありかも。

うーん、どうだろ。あんまり流行らないかな…。

ちなみに、はあちゅうさんも「イケハヤさんにメールしたらちゃんと返してくれると思う?」といった依頼が来て困惑する、という話をnoteに書かれてました。

「あるある」なのかもしれませんね。

関連記事:解せない|はあちゅう|note

なお、メールは返しませんのでご容赦ください。

関連記事:「メール」で仕事の連絡をする人は、仕事ができない。by イケダハヤト

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス