すっかり定着した除菌ブーム。過度な除菌はどうかという議論もあるが、やはり強力な感染性の菌も多い世の中なので、それなりに身を守りたい。

そんな中、一旦気になるとたまらなく不衛生な気がしてしまうのが電車やバスのつり革。だがこの『GripPon(グリッポン)』さえあれば何の心配もいらなくなるのだ。

バイキンだらけのつり革を直接触らなくて済むから安心感は絶大!

一体どれだけの人がこのつり革をつかんだのだろうか、そしてそのうちの何割がトイレの後に手を洗わなかったのだろうか、さらに鼻をほじった後に掴んでいないか、風邪を引いた人がウィルスまみれの手でつかんでいないか…。

一度気になったら、もう止まらない。あなたももはや想像してしまい、つかめなくなっているのでは?

テレビ番組でもKinKi Kidsの二人が「電車のつり革掴まるのを躊躇する」という旨の発言をしていたが、同じような感覚の人間が相当多いのではないだろうか。

そんな時に役立つのがこの株式会社創考テクノ(神奈川県座間市)による『GripPon(グリッポン)』(20g/幅7×厚み2.3×丈6.8cm・実勢価格 税抜500円・発売中)

この製品のために開発された特殊樹脂で、Agイオンを練りこんでいる持ち運び可能な衛生的つり革カバーだ。

使用方法は簡単。つり革の輪に通して装着。その上から握るだけ。マットでソフトな触り心地の特殊樹脂はゴム製のような嫌な匂いもせず、軽量で持ち運びもラクラク。

しかし、こんなニッチ中のニッチな製品はどうして生まれたのだろうか。開発者の株式会社創考テクノ・照山廣之氏に聞いてみた。

「汚いから触りたくない」と電車内で転倒した女子学生の姿を見て、作ってやろうじゃないかと思い立ち…

たまたま電車に乗っていた時のこと、立っていた女子学生が揺れに耐えられずに倒れていました。

「どうしてつり革を掴まないのですか?」と聞くと、「だって汚ないから触りたくない」というのです。なるほど、それならと私は言いました。

「では良いグッズがあったら使いますか?」「そんなグッズなんて、無いじゃないですか!」その時、無いなら作ってやろうと思って開発を始めたのが『GripPon(グリッポン)』なのです。

以上が、照山廣之氏の『GripPon(グリッポン)』開発の経緯。何とも興味深いエピソードである。

しかし実際の開発にあたっては、安っぽいポリプロピレンなどの樹脂を使用せず、素材から研究。つり革の研究にも余念がなく、ノギス片手に様々な電車のつり革を測っていたそう。その結果、首都圏でいうと、

「丸型」…京浜急行全線、小田急線各駅停車

「三角型」…都内電車のほとんど

「二等辺三角形」…中央線、地下鉄の一部、埼京線など

の3種類に対応した。

そうして開発した『GripPon(グリッポン)』、プレスリリースを発行したところ、一週間で約6,000アクセスを超える大反響。各所で実物デモを行うと、ほぼ7割の人が購入するという実績を誇る。

「関心が無いのは65歳以上の男性でしょうか」という照山氏。現在はAmazonでの販売もスタートさせている。それでは実際に使ってみることにしよう。

『GripPon(グリッポン)』を実際に使ってみた!

とはいえ家の中につり革があるわけではない。いそいそと電車とバスに乗り込んで、試してみた。そしてつり革を見つけると、おもむろに『GripPon(グリッポン)』を取り出す。意識しすぎかもしれないが、周囲の目が、少々恥ずかしい。

装着は何の苦もなくできる。しかし、ここで問題が。記者は男性で、手が多少大きい方。なのでせっかく『GripPon(グリッポン)』を装着しても、4本の指で掴もうとすると、軽くつり革が人差し指と小指の側面に触ってしまうのである。

もろにつかんでないんだから、それだけでも進歩だろうと思うかもしれないが、せっかく触れなくて良いという『GripPon(グリッポン)』を使っているんだから一切触れたくないという気持ちになるのが人情。

結局のところ指を1本外して3本の指で握ってバイキンを回避した。

ちなみに妻に試させてみると、案の定ジャストサイズ。つり革に触れることなくつかむことができた。なので手の大きい人は要注意である。人差し指から小指までの幅が7cmを超える場合は3本指と親指でつかむことになる。

この『GripPon(グリッポン)』、直接つかまないならハンカチでもいいじゃないかという人もいるかもしれない。

だが考えてもみて欲しい。まるで汚れを掃除しているようではないか。わざわざバイキンを拭き取って持ち帰るような真似は、心理的に大きな抵抗があるのではないだろうか。

その点『GripPon(グリッポン)』なら、汚れは染み込まないし、汚れたら出先で洗ってもいい。Agイオンで抗菌効果もあるし、石けんで洗えば安心感は倍増する。さっとティッシュで拭けば乾くことだし。

正直、潔癖症フィーリングな製品というイメージはある。しかし実際に使ってみると、その安心感はなかなかに快適。結局のところ一度使ってしまうと、余計につり革が汚いもののように感じてしまうのだ。

うがい、手洗い、『GripPon(グリッポン)』、これからインフルエンザの流行する季節にもなってくるので、日頃からバッグの奥に忍ばせておくのもいいかもしれない。カラーバリエーションはピンクとホワイト、ライトグリーンの3種。Amazonなどで入手可能。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス