記事提供:しらべぇ

はちきん地鶏に皿鉢料理! 高知県には美味しい名物がたくさんあるが、そのなかでも代表的なものといえば、やはり『かつおのたたき』である。

秋からは旬である脂ののった戻り鰹を使った、一年でもっとも美味しいかつおのたたきを食べることができるが、高知県民いわく「かつおのたたきよりも県民が好きなたたきがある」とのこと。

なすのたたきを好きな県民は多い?

ええっ、高知って言ったらかつおのたたきが不動のトップじゃないの!? と思ったが詳しく聞いてみると、なんと『なすのたたき』をかつおよりも好きな県民が多いそうだ。

そういえば先日高知県のホテル「日航高知 旭ロイヤル」へ宿泊した際も、朝食になすのたたきが出たような…。高知県の観光に携わる人にも聞いてみたところ

「確かになすはよく食べますね。でもあれがたたきとは思ってませんでした。あまりに食卓に当たり前に出てくるものなので」

出典しらべぇ

どうやら高知県民にとって、なすはかつおと同じぐらい当たり前に食べられているものということは間違いないらしい。さすがなすの総生産量1位の県である。

なすのたたきを食べてみたい

これは高知ファンとして、ぜひともなすのたたきを食べてみたい! 作り方も簡単なので、さっそく作ってみることにした。

材料はなすとミョウガ・ネギ・生姜などの薬味とかつおぶし、あとはポン酢とお好みでめんつゆを用意すればOK。

まずはなすのヘタを取り、半分に切って切れ目を入れる。それを油をかなり多めに入れたフライパンで揚げ焼きにしていく。

両面いい感じに焼けてきたら皿に盛り、薬味とかつおぶしを盛ってポン酢をかければ完成! めんつゆはすっぱいと思ったらお好みで調整用にかけるといいだろう。

文句ナシにウマい

気になる味は…文句なしにウマい! いつもは醤油とかつおぶしだけの焼きなすしか食べていなかったが、たたきにすることによってよりサッパリとなすを食べることができる。

なすとポン酢の相性も非常によく、かつおのたたきにも負けない美味しさだ。かつおのたたきよりもなすのたたきを愛する高知県民が多いことも理解できる味であった。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス