歴史に詳しい方でも、「袈裟御前(けさごぜん)」という人物の存在について詳しく知る人は少ないのではないでしょうか。

今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、ある意味鎌倉幕府の生みの親とも言える、この袈裟御前と遠藤盛遠(もりとお)の悲しすぎる恋物語と、京都市内でいち早く紅葉が見られる「神護寺」の魅力が紹介されています。

袈裟御前と神護寺 ~歴史を変えた男女の仲~

平安時代後期から鎌倉時代初期にかけて文覚(もんかく)という僧がいました。平清盛率いる平氏に流刑にされ、挙兵する気のなかった源頼朝を配流先の伊豆に出向いて説得した話は有名です。

文覚は遠藤盛遠という北面の武士でした。この時代は歴史上初めて武士が台頭してきた頃で、鳥羽上皇を守護する北面の武士はエリートとされていました。

同僚には平清盛や源渡(わたる)がいました。盛遠はこの渡の新妻に恋い焦がれていました。それが袈裟御前です。袈裟は気品があり桔梗の花のように美しい人だったと伝わっています。

盛遠は袈裟が独身の身で、鳥羽上皇の皇女に仕えていた頃から想いを募らせていましたが、渡に嫁いでしまいました。2人は他人から羨ましがられるぐらい仲の良い幸せな夫婦でした。しかし、盛遠は袈裟への思いを諦め切れませんでした。

言い寄ってくる盛遠に袈裟はきっぱりと断りました。しかし、盛遠は「ならば、そなたの母を殺し、我も腹を切る」と 恐ろしいことを言い出すのです。すると困り果てた袈裟は「わたくしは夫のある身でございます。いっそのこと夫を亡きものに」と言い放ってしまうのです。

そうすれば、「あなた様の御心に沿えましょう程に」と泣きながら言いました。袈裟への想いに溺れていた盛遠には理性などありませんでした。袈裟は盛遠に自分の夫の寝どころを教え、夫・渡の首を討つことを告げるのでした。盛遠は袈裟の言葉通り実行に移します。

悲しすぎる恋の結末とは

首を斬り落とした盛遠はそれを抱いて屋敷から走り出し、月明かりの中でその首を見て仰天しました。 それは、なんと渡ではなく愛しい袈裟の首だったのでした。一途に自分を想ってくれる盛遠と愛する夫・渡との板挟みになって悩んだ末の悲しい決断でした。

盛遠は袈裟の首を抱いて鞍馬の山奥をさまよった果てに出家しました。武士を捨て名前も文覚と改名し様々な場所で荒行に励んだといいます。京都に戻ってきた文覚は荒れ果てた神護寺の再建を果たそうと試みます。

後白河法皇に何度も強訴を繰り返したことで伊豆に流されますが、次第に親しくなっていきました。そして、神護寺再建の院宣(上皇からの命令文)まで入手して 頼朝に挙兵を説得するまでになるのです。

頼朝は文覚の勧めで挙兵し鎌倉幕府を設立し征夷大将軍となるのです。袈裟御前は「平家物語」の中でしか出てこないような人物ですが、盛遠を生まれ変わらせた歴史上重要な人物です。もし、袈裟がいなければ源頼朝は鎌倉幕府を開いていなかったでしょう。

そう考えると袈裟御前は日本史上、実に大きな存在であったと思わざるを得ません。このようなことを知ると今の世の中はいかに偶然の上に成り立っているのかが分かります。そして、このように袈裟よりももっと無名な人物が歴史を変えてしまっていた可能性も多くあったことを伺わせます。

京都駅の南、高速の京都南インターチェンジから国道1号を南に少し進んだ場所に赤沼の交差点があります。そこから600mほど南に進んだところを西側に入った住宅地の中に恋塚寺という小さいお寺があります。

遠藤盛遠と袈裟御前の物語に由来する浄土宗のお寺です。自らの行為を恥じた盛遠は、出家して文覚と名のり、袈裟を弔うためにこの寺を建てたと伝わります。本堂には、袈裟御前、文覚、袈裟の夫・源渡の像がひっそりと安置されています。

私が訪れたときに目印にしていた赤沼という交差点の地名には恐ろしい由来がありました。それは以前ここにあった池で盛遠が袈裟の首を洗ったら水が赤く染まり、赤沼と呼ばれるようになったと伝わっているのです。

袈裟と盛遠の物語の詳細は芥川龍之介の「袈裟と盛遠」にこの伝説が描かれていますのでご興味がある方は是非ご一読下さい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス