こんばんは。片づけ心理の専門家・伊藤勇司です。

今日は兵庫県へ、ご自宅個人セッションの最終日として伺っていました。ご自宅個人セッションは、約3ヶ月の期間を通して(1ヶ月に1回)片づけを通して自分に向き合うことで人生を整えるお手伝いをさせて頂いています。

ご自宅セッションは毎回ドラマがあり、伊藤が何よりも楽しんで行なっているセッションでもあるのですが、今回もまた心に残る3ヶ月間でした。お申込みいただいた当初は、「自分の部屋を人には見せられない…」と、悩みながら

何度か片づけ業者さんにもお願いしようと思っては躊躇して、結果的にお断りすることを続けられていたという状態でした。

なので、伊藤のセッションをお申込み頂いた時も、迷いに迷ってやっぱりやめようかなと思われた中で

伊藤はやるもやめるも、「どちらでも、いいですよ。」と、最初のヒアリングで話をしながら、結果的に清水の舞台に飛び降りる気持ちで、セッションに踏み込まれた当初を今でも鮮明に思い出します。

そうやって一歩踏み出して頂いたことで、終始楽しく片づけを通して人生を共に見つめ直すことができました。

そうやって今日ご自宅3ヶ月セッションの1クールが終えた最後に、対談でご感想をいただきました。

・ 兵庫県在住・Oさん(女性)ご自宅セッション最後のご感想

自分がダメだと思っている部分こそを人にさらけ出すこと。

それこそが、滞っている人生の流れを変えるためには一番の近道になることです。かっこつけず、さらけ出して、今やれることをやる。

その単純な繰り返しこそが人生を輝ける方向へと導くために道づくりになります。逆に、かっこつけて、本音を出さずに、目の前の事を疎かにして何かを変えようとしてもいつまでも変わらない自分を感じ続けてしまうもの。

と、偉そうに言っていますが、伊藤自身がかっこつけて本音を隠して生きる期間が長かったからこそ、身をもって実感することでもあるのです。

どんなに良いことを学んでも
どんなに特別な能力を身につけたとしても
どんなに人からすごいと言われても

【かっこ悪い自分を受け入れられない状態のままだと】

いつまでも自己肯定感が低い状態が続きます。そういった意味では、部屋が片づかない状態になっているときこそ、ダメな自分を自分自身で受け入れるタイミングでありダメな自分を受け入れた上で、

できないことは人に協力してもらうように、弱さをさらけ出すタイミングでもあります。

それをして初めて【全ての自分を肯定する状態】が、生まれるからこそ己肯定感が上がることで自己信頼感も同時に育むことができるようになります。

すると他人との関係も、より良い流れに変わっていくもの。改めてその人の本音に触れて素直な感情を味わいながら共に人生を創りあげていくプロセスは、やはり楽しいものだなと改めて実感した最後のセッションでした。

セッションの期間は人生の長い時間で見れば、一瞬の出来事の小さな1ページかもしれませんが、その一瞬の中で輝く笑顔や楽しいひと時を共に出来たことは伊藤にとっても有難い経験となるものです。

今後ますますのご発展を心よりお祈りして。3ヶ月間、どうもありがとうございました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス