記事提供:Techinsight

出典 https://www.instagram.com

浜崎あゆみが「40歳になった姉へ。8年経ったね」とツイートして反響を呼んでいる。本当の姉ではなくあゆが“姉貴”と慕った女性がおよそ8年前に他界しており、その命日を偲ぶツイートだろう。そんなあゆにファンから励ましや感謝の言葉が届いている。

ファンクラブ・TeamAyuの会員を対象としたツアー『TA LIMITED LIVE TOUR 2016』を9月30日の北海道・Zepp Sapporoからスタートさせた浜崎あゆみ

10月5日・6日と福岡サンパレスホール公演を終えた彼女は8日に『ayumi hamasaki(ayu_19980408)ツイッター』で天国の“姉貴”に向け、「貴女の選んだその場所に、貴女を苦しめるものなどひとつさえない事を今も変わらず祈っています」とつぶやいた。

彼女は2008年6月にファンクラブ用のブログで、慕っていた女性が2007年の秋に亡くなっていたことを知らされたと明かしている。

亡くなった当時、あゆはレコーディングのため米ロサンゼルスに滞在しており、ショックから仕事が継続できなくなることを心配したスタッフが断腸の思いで伏せていたという。

帰国してからその訃報を知らされたあゆは「私は、ひとりで家を飛び出した。タクシーに乗り込んで、姉貴の家へ向かった…」と当時のブログで振り返っている。

そうした事情を知るフォロワーからは「泣いちゃったよ。どんな形の姉妹でも、その想いはきっと伝わってるよ!きっと優しく見守ってくれてる!」「あゆ、あれから8年経ったんだね!つらいこともやりきれない思いもあったのに、私達のために歌い続けてきてくれてありがとう」などのコメントが寄せられている。

また、「相変わらずばかな妹より」と結んだ彼女に「バカだなんて思ってない。それよりもあなたが笑いたいときに笑っているのか心配…」「姉ちゃんのぶんもたくさん、たくさん、泣いて笑って生き抜こう。あゆはばかじゃないよ」と励ましもあった。

福岡公演2Daysの合間には「新しく生まれ変わった私は前よりもずっと強くなったんだとあなたは言った。そうであるよう歩いて行くよ」ともつぶやいている。

最近は意味深なツイートが多く悩んでいるようにも映るあゆだったが、彼女を偲ぶことで気持ちが落ち着いたのではないだろうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス