記事提供:おたぽる

出典『妄想食品館』全体カバー(帯付き)

先日もお伝えしたとおり(記事参照)、食べ物を擬人化しないままドラマやキャラクター性を持たせた上でエロマンガ風に構成され、「人類には早すぎる」と話題になった“非”擬人化エロマンガ『妄想食品館』(ぶんか社)が、ついにとうとういよいよ発売直前(10月14日発売)。

ちくわ、ドーナッツ、そして皆が大好きなメジャーなお菓子までエロチックに描いてしまう発想はどんな感じで生まれているのか、そして『妄想食品館』の内容とは――
単行発行を記念して、著者のドングリにメールインタビューを敢行!気になる質問に回答してもらいました!

―― まずは自己紹介と、pixivなどで作品を公開されるようになったきっかけから教えてください。

ドングリ ドングリと申します。無機物や食べ物を擬人化せずにそのままの形でスケベなマンガばかり描いて日々奮闘しています。

Pixivをはじめたきっかけは こんな馬鹿な妄想して描いてるんだぞ!!という自虐的な意味で始めてみました。今ではたくさんの方に見ていただいて、うれしい反面とても恥ずかしいです(ビクンビクン!!)

―― 単行本に収録された各作品を解説をお願いします!

ドングリ
「ちく和姦シリーズ」
ちくわの穴は見方によったらこんなにエロイんだぞ!!という思いで描いた一作です。初期はモノクロだったのですが、今回の単行本化にともないカラーに書き直してみました。カラーで描くとスケベな画に時間がかかりましたが、ちくわのエロさが少しでも伝わればうれしいです。

「おやつシリーズ」
身近にあるお菓子だからこそ、エロく感じたので、描いてみました。生クリームのポッテリ感やタイヤキの焼き目などに気をつけながらも、スケベ命と心に刻んで描いたあまぁい作品です。

出典描き下ろし「猫缶」

「ドーナツ姦通式」
誰でも一度はドーナツの穴について考えるはずです。ドーナツの穴の意味とは?穴を食べる為にドーナツがあるのか?……いろいろ考えを巡らせているうちに、「んなこたいいからとりあえず挿入しろ!!」とぶっ飛んだ結論に至り、美味しく描きました。

単行描き下ろしの中では、「猫缶」マンガがお気に入りです。実際に猫を複数飼っており実際に目の前で亡くなった時のやりとりを思い出しながら、大好物の猫缶視点で描いてみました。

―― 食べ物にエロスを感じる人はそれなりにいると思いますが、そこで擬人化に持ち込まずに、食べ物だけで続々と作品を発表されることを、ご自身ではどう分析されていますか?

ドングリ 逆に私は食べ物でエロスを感じ描く際に、“なぜ人型に置き換える”のかわからず自然とそのままで描きました。卵の黄身の光沢やステーキから溢れ出る肉汁は人間のキャラクターでは表現できず、もぅそのままで描こうと開き直りました。

自分でもここまでネタが尽きずにいっぱい描けることにびっくりです。

―― ちなみに最近、エロかったなと思われた食べ物と、どんなところが良かったのか、教えてください。

ドングリ マヨネーズです。容器から捻り出す時に“ブピッ ブピュッ”とかなり卑猥な音が聞こえた瞬間、まるでマヨネーズ容器が赤面してるように見えました!!気づいたときには、自然と容器から直接ペロペロ舐めて食べてました♪

―― 料理、食べ物マンガが最近多く、特に食べる女性キャラクターの反応をエロく表現するマンガも目立ちます。ドングリさん的には、そういった作品をどう感じられているんですか?

ドングリ 過剰にエロティックに反応する画は大好きです、私も美味しいものを食べてる時の脳内はあんな感じです……

ただ、最近は美味しいステーキを食べた際に脳内で牛肉「ほほほ!!もっとよく噛みなさい!!この愚民!!」――と聞こえてきたのでそろそろダメかもしれません。

―― 最後に、この記事を読んだり、広告などを見て興味を持ったという方に、再度PRしていただいて、インタビューを締めとさせていただければと。

ドングリ 食べ物でも車でも建物でも見方を変えればエロくもなり楽しくなります。読んでいただいた皆さんが、生活の中で少しでもクスリとしていただけたら、うれしいです。

そして、みなさんも食べ物に関してエロくなってスケベに食べてください!!私はスケベに食べながらもこれからも描いていきます!!最後までありがとうございました。

■『妄想食品館』
著 者:ドングリ
発行元:ぶんか社
発売日:2016年10月14日(金)
判 型:A5/オールカラー/128P
価 格:定価926+税(※電子版は価格が異なります)
※書店ごとに異なる特典も完備!気になる人は要チェック

ぶんか社公式サイト
・編集部Twitter:@sgirl_lovers

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス