記事提供:ALICEY

出典 http://www.alicey.jp

いよいよ「ハロウィン」の季節がやってきました! 最近は国民的行事かのように盛り上がっていますよね。そこで、「今年は仮装デビューしたいけど、メイクの仕方がわからない」という人のために、お手軽ハロウィンメイクを伝授!

100円ショップで買えるプチプラの「ハロウィンアイテム」でできちゃいます。今回は、以下のようなアイテムを使用しました。

教えてくれたのは、ヘア・メイク・ネイルのトータルビューティサロン「アトリエはるか」のヘアメイクアップアーティスト村井政章さん。紹介する3パターンのメイクから、お好みを選んでチャレンジしてみて!

たちまちキュートに!大人女子こそ似合うアニマルメイク

まずは、挑戦しやすい猫ミミ風カチューシャにピッタリのアニマルメイクから。難易度が低いので、初心者でも安心!

1) アイホール全体にベージュのアイシャドウを、目のキワに深みのあるブラウンを塗る。ブラウンは目尻側を濃くして立体感を作る。

2) 黒のアイライナーで目頭から太めのアイランを引く。目尻は大げさに跳ね上げてキャットラインに。目の下は目尻から1/3にラインを引く。アイラインに合わせて眉毛も長めに書いておくと、より自然に。

3) 猫の鼻は、黒の顔料、またはリキッドかジェルタイプのアイライナーを使用。鼻の先端にハートマークを描くように黒く塗る。小鼻まで黒くすると、鼻が大きく見えてしまうので注意。

頬にはペンシルタイプのアイライナー、またはメイク用のクレヨンを使って、ヒゲを描く(今回はダイソーのフェイスクレヨンを使用)。長くし過ぎないのが、かわいく見えるポイント。

4) 猫メイクと相性バッチリの鮮やかな赤色のリップを塗れば完成。

魔女の仮装に合わせたい!インパクト大のつけまつ毛メイク

つけまつ毛を使った目元が印象的なメイク。魔女の仮装はもちろん、パーティー風のドレスを着てもサマになりそう♪ 今回はダイソーのつけまつ毛をチョイス。

1) 指を使って、アイホール全体にパープルのアイシャドウを塗る。目のキワから上に向かって力を抜いていくと、キレイなグラデーションに。続いてアイホールの目頭から半分にオレンジを塗る。

パール感の強いシャドウを使うか上からパールを後付けすると、より華やかになる。

2) つけまつ毛に専用のノリを付けて、装着。通常のつけまつ毛より大振りなので、やや違和感が強いものの、見た目のインパクトはバツグン。

3) 目元を強調するため、リップとチークは控えめに。ピンクベージュのリップを塗り、血色をプラスする程度にチークをふんわりと乗せたら完成。

本物そっくり!痛々しい傷跡のドラキュラ風メイク

変身願望が強い人は、「THE仮装」のドラキュラ風メイクはいかが? やや上級者向けですが、手順に沿って丁寧に行えば、本物そっくりの傷跡ができあがり!

1) つけまつ毛メイクのアイシャドウの手順を行う。その上から黒または濃いグレーのアイシャドウをアイホールの半分ぐらいに塗って、グラデーションを作る。

2) 目を囲むように上下に黒のアイラインを引く。太さは通常のメイクと同様でOK。

3) 次は薄汚れた傷口のメイク方法。つけまつ毛用のノリを手の甲に出し、自分の肌色よりも2トーンほど濃い色のリキッドファンデーションを混ぜる。分量はノリをやや多めに。混ざったら筆に取り、頬に斜めの線を書くように塗る。

あえてガタガタにして、皮膚に凹凸を作るのがコツ。

4) 裂いたコットンに、黒やブラウン、ネイビーなど薄汚れた感じの色のアイシャドウをとり、上からポンポンと乗せる。パールが入っていないマットなものがオススメ。細めのブラシを使って窪みの中に色を入れると、より立体的な仕上がりに。

さらにパウダーファンデーションを筆に取り、上から重ねて境目をぼかす。仕上げに指でなじませる。

5) 血のりを筆に取り、作った皮膚の上に線状の傷を書く。この時も、あえてムラを作ってガタガタに描くと、よりリアルに。手先が器用な人は、タラーっと血のりを垂らしてみて。

6) 黒紫色のリップを塗って完成。ドラキュラ風の付け歯(ダイソー販売アイテム)を付ければ、完璧な仮装メイクに。

ハードルが高いように思えるハロウィンメイクですが、プチプラアイテムをうまく活用すれば、お手軽に変身できちゃいます。より本格的なメイクを施したい方は、「アトリエはるか」で提供しているハロウィンメイクを利用してみては?

今年は仮装と一緒にメイクにもチャレンジして、忘れられないハロウィンの思い出を作ってくださいね!

<取材協力> アトリエはるか

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス