記事提供:wondertrip

図書館というとどんなイメージを持つでしょうか。静かだけれど、ちょっと退屈?そんなイメージを覆す美しい図書館をご紹介します。

この記事の目次

#1 世界の美しい図書館①トリニティ・カレッジ図書館(アイルランド)
#2 世界の美しい図書館②ストックホルム公共図書館(スウェーデン)
#3 世界の美しい図書館③幻想図書館(ブラジル)
#4 世界の美しい図書館④クレメンティヌム図書館
#5 美しい図書館の中で贅沢な時間を

世界の美しい図書館①トリニティ・カレッジ図書館(アイルランド)

ダブリン大学トリニティ・カレッジはアイルランドの首都ダブリンにあるアイルランド最古の国立大学です。トリニティ・カレッジに併設するトリニティ・カレッジ図書館はアイルランドにおける最大規模の図書館です。

エジプト時代のパピルスを始め、500万以上の書籍を収蔵しています。1200年前に作られた世界の美しい本として有名な「ケルズの書」もその中に含まれています。

映画「スターウォーズ エピソード2」に搭乗するジェダイアーカイブは実はこの図書館を元にイメージされたのだそう。

世界の美しい図書館②ストックホルム公共図書館(スウェーデン)

ストックホルム公共図書館は1928年に開館した建物で、「スウェーデン建築の父」とも呼ばれるエリック・グンナー・アスプルンド(Erik Gunner Asplund / 1885-1940)によって設計されました。

回転ドアを抜けて中に入ると、正面に階段があり、その階段を上がっていくと写真のような円形の図書館が目に飛び込んできます。360°どこを見渡しても本棚。その光景は圧巻です。

世界の美しい図書館③幻想図書館(ブラジル)

ブラジル リオデジャネイロにある幻想図書館は、後期ゴシック様式の建築物で、壁一面にある書籍はポルトガル語の古書4万5000冊が収蔵されています。

この図書館は、ポルトガルからの移民が、母国の書籍をブラジルに提供することを目的に創立したもので、1880年、ブラジル最後の皇帝ドン・ペドロ2世によって建設が始められました。

ポルトガルで独自の発展を遂げた「ネオ・マヌエリーノ」と呼ばれる後期ポルトガル・ゴシック様式が取り入れられています。

世界の美しい図書館④クレメンティヌム図書館

チェコの首都プラハの旧市街にあるクレメンティヌム図書館は、722年にイエズス会の大学の一部として設立されました。20,000冊以上の本が所蔵されています。

蔵されている本には1781年から収集されたチェコ文学のコレクションがあり、いくつかはGoogleブックスで公開されることが検討されています。

見学するためには、30分毎に行われている英語でのガイドツアーを利用するのが一番。宮殿のような図書館を回ることができます。

美しい図書館の中で贅沢な時間を

いかがでしたでしょうか。その建築の美しさには息を呑むばかりの美しい図書館。ガイドツアーなどを利用すれば、中に入ることもできます。ぜひそれぞれの国に訪れた際には、訪ねてみたい場所ですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス