不動産投資家といえば、不労所得で悠々自適な生活をイメージしがち。しかし、何事にも良い面があれば悪い面もありますよね。実際、不動産投資を始めてから「こんなはずじゃなかったのに……」と嘆く声も聞かないわけではありません。そんなことがないように、今回は筆者の体験談から、不動産投資のマイナス面をあえてお伝えしましょう。

どうしてもここに住みたいのです!でも入居日はずっと先 40代主婦A子

不動産投資において一番のリスクは空室リスク。満室になってしまえば何の心配もいらないのですが、空室が1部屋でもあると、どうやって埋めようかと頭の中は常にそのことでいっぱいになってしまいます。

そんななか、管理会社から入居したい人がいるという連絡がありました。やっと満室になる! と喜んだのも束の間。詳細を聞いて耳を疑いました。この物件を相当気に入り、どうしてもここに住みたいと言ってくれているらしいA子さんですが、お子さんの学校の関係で、入居希望日がなんと8カ月先になるというのです。

さすがに半年以上も先延ばしになるのは困るので、A子さんの入居希望はお断りしました。しかし、入居者がなかなか決まらない状況で入居希望があると、心が揺らぎます。これが8カ月も先ではなく、数カ月のことであればOKしていたかもしれません。結局、この部屋はその後すぐに別の申し込みがあり、入居もスムーズに決まったため、A子さんをお断りしたのは正解でした。

例えば、1部屋5万円の部屋でも、3カ月空けば15万円、半年も空けば30万円の機会損失になります。気に入って住みたいと言ってくれるのはありがたいことですが、そこまで言ってくれるのであれば、入居は先でも、すぐに契約して賃料をいただきたいというのが、オーナーの本音なのです。

初めての一人暮らしに驚きのクレーム 20代箱入り娘B子

就職を機に一人暮らしを始めることになったB子さん。今思えば、入居前からいろいろな注文がありました。B子さんのお母さんも大事な娘さんの初めての一人暮らしに神経質になっていたのでしょう。入居前は主にお母さんから、壁と床の継ぎ目に取り付けられている「幅木」が浮いている、棚の塗装がはげている、ドアと床の隙間が狭いのでラグが置けない――などとかなり細かいリクエストがあり、その都度、対応に追われていました。

クレーム箇所を全て直してやっと入居が決まったと思ったら、今度は入居後にB子さんから驚きのクレームが……。

お風呂の排水口の奥が茶色いんですけど……。

もちろん前の入居者さんが退去した時点でルームクリーニングをしているので、汚れではありません。新築ではないので経年劣化による変色ですが、初めての一人暮らしで気になってしまったのかもしれません。

しかし、こればかりはどうすることもできず、管理会社と対応に頭を悩ませていたところ、B子さんのお父さんが「そんなの当たり前だろう」と一喝してくれたことで事態は収束しました。それ以降、B子さんからのクレームは1度もありません。お父さんが常識人で助かりました。

退去日を過ぎても住み続ける 30代キャリアウーマンC子

更新日を1カ月後に控えたある日、C子さんから解約通知書が届きました。退去は残念ですが、転勤という理由でしたので仕方ありません。ちょうど3月の繁忙期でしたので、すぐにハウスクリーニングして募集すれば埋まるだろうと軽く考えていました。

ところが、予定日を過ぎても一向に退去する気配がありません。クニーニングを予定していた日もまだ入居中ということで、急きょ予定を変更するはめに。もともと、C子さんは仕事が忙しく連絡がつきにくい人でした。入居中も設備の不具合で何度か業者を派遣したことがありましたが、連絡が取れない、不在で業者対応できる日がない――など、日程調整に苦労しました。

結局、C子さんが引っ越したのは契約上の退去日から2週間が経った3月末でした。結果、繁忙期もすでに終わりという残念な状態に……。忙しすぎる居住者との連絡がつかず、繁忙期を逃してしまったという大きな損失につながったケースです。

トラブル以上に得られるものは大きい

住む場所を変えるというのは、人生において大きな転機となることが多いものです。不動産投資を通じて、いろいろな人生を垣間見ることができます。これまで、さまざまな入居者さんに出会い、多くの経験をさせてもらいました。

今回は困ったマイナスエピソードをご紹介しましたが、結婚を機に退去したり、恋人の近くに住むために入居を決めたりなど、笑顔になれるほっこりエピソードもたくさんあります。住まいを提供するということは、社会貢献の一環とも考えられます。多少なりとも入居者さんの人生の役に立つことができるという喜びも、不動産投資で得られるものの一つかもしれませんね。

Swimmy
30代女性不動産投資家。投資歴10年。株式、投資信託、FX等さまざまな手法で資産運用を行い、国内外に物件を所有。上場企業の不動産業務、有名投資家のアシスタントを経て、現在は湘南でスローライフを満喫中。不動産投資がもたらしてくれた豊かで上質な暮らし

この記事を書いたユーザー

DAILY ANDS このユーザーの他の記事を見る

投資ってなにから始めたらいいの?
保険はどうやって選んだらいいの?
そんなお金の不安を吹き飛ばすコラムが満載♪ 毎日チェックして、賢い大人の女性になろう。https://daily-ands.jp/

得意ジャンル
  • マネー
  • ライフハック
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス