記事提供:日刊大衆

10月6日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、SMAPの中居正広(44)が激しいケンカをした過去を暴露。お笑いタレントの陣内智則(42)らを驚かせる場面が見られた。

この日は「覆面の窓」と題され、覆面をかぶった芸能人6人がヒントとして自身に関するエピソードを話し、中居が誰なのかを当てるという企画が行われた。しかしこの中に中居と小学校からの親友という地元の友人、竹内さんが混ざっていたのだ。

中居は途中まで見当もつかない様子だったが、竹内さんが「朝練のときに中居さんを抜かして殴られた」と発言したことですぐ分かったようで、「おまえダメ、もうダメ。全部知ってるからダメ。おまえ、仕事どうしたんだよ」と慌てながら進行を止めていた。

しかしそれにかまわず陣内がどういう喧嘩だったのか聞くと、竹内さんはバスケットボール部の練習のときに中居がズルをしたため怒って殴ったと告白。中居は「おまえ、テレビのレベルじゃねえよ」と、あきれた顔を見せていた。

そして次に竹内さんが紹介したのが、「中居が先輩にボコボコにされた場所」の写真。

これに対し中居はもはや開き直ったのか、自ら「中3になって暮れにやられたんでしょ」と解説し、さらに「ボコボコにされてるのを、こいつがニタニタ見てたって話だよ」と詳しく説明していた。

その後、中居は当時のことを思い出したのか、「こいつ汚ねーんだよ! 俺がもうサンドバック状態なのよ。呼吸もできねーし、でも“やってやっかー”みたいな、本当にボコボコになってるときに、こいつアハハって」と、竹内さんのことをとがめ始めた。

中居は続けて、ゲームセンターで喧嘩したときも一人だけ加わらなかったと非難。陣内から「喧嘩しないタイプ?」と聞かれた竹内さんは「くだらなくないですか? 目が合ったぐらいで」と、冷静なコメントを返していた。

「中居が完全に素の状態を見せていたこの日の放送は、ファンの間では“神回”として、話題になっていましたね。

この竹内さんと一緒に、後輩の結婚式でSMAPの『らいおんハート』を歌ったことも暴露されていましたが、中居の仲間愛が感じられる、いいエピソードでした。好感度もさらに上がったんじゃないでしょうか」(アイドル誌記者)

――さすがは藤沢のヒーロー!?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス