記事提供:LITALICO 発達ナビ

発達障害がある人の中には社交辞令を真に受けてしまう人もいるといいますが、息子ももれなくそうです。小学校4年生のときのこと、友達のお母さんとの井戸端会議で…。

どんな言葉も真に受ける息子は、私の井戸端会議を聞いて…

たいていの子どもはある程度の年齢になれば、親が他人と話すときには自分の子を謙遜して話すものだという「社交辞令」がなんとなくわかると思います。しかし発達障害のある息子は、私の言葉を真に受けて怒り出す始末…。

井戸端会議の空気は最悪になってしまいました。これではいかん!と思い、家に帰った後、息子に大人の事情を説明しました。

「大人の会話はそういうもの」と教えてみるも…

「社交辞令というものがあって、大人は自分のことや家族の自慢はせず悪くいうものなのよ!」と伝えると、「大人のおしゃべりってめんどくさいね」と息子に言われてしまいました。

うっ!その通り…大人の話ってそうだね、と私も思います。ん!?でもちょっと待てよ…うちの場合、我が子の話は悪く言ってるというか、本当のことを言ってるだけなんだけどな~(笑)。

確かに「めんどくさい」かもしれないけど…これも社会に出る準備!

その後も社交辞令の種類やその意図について教えると、高3になった今は分かってくれるようになりました。社会に出る準備の一つとして、世の中には「社交辞令がある」ということを少しずつ覚えていってほしいな~と思っています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス