出典 https://www.theguardian.com

海外から飛び込んできた、びっくり仰天ニュースです。倉庫の奥に放置されてた2,600円の絵が、実は26億円の絵画だったと、漫画のような展開が現実に起こり大きなニュースになっています。

出典 https://news.artnet.com

絵画は見つかったのは、、歴史的建築物の保護を目的としたイギリスのボランティア団体が所有する建物。テレビ番組の収録で訪れた美術史研究家アンドール・グローヴナーさんが、他の作品と混じって置かれている絵を発見したのです。

収録中、懐中電灯で屋敷内を照らしながら歩き回っていると浮かび上がった1枚の絵。埃に塗れ、ニスは変色していたのですが26億円はやはり輝きが違うのか、アンドールさんの眼光が鋭く光り…それでは2,600円で購入されたが、実は26億円の絵だったという、ドラマか!映画か!漫画かよ!のような展開を見せた絵をご覧ください!

ラファエロ・サンティ

出典 https://news.artnet.com

この絵画が倉庫に眠っていたのです。作家は、盛期ルネサンスを代表するイタリアの画家であり、建築家のラファエロ・サンティ。

この絵を見た瞬間、アンドールさんは…

「見た瞬間ラファエロだという気がしたんだ、インノチェンツォの作品にしては、でき過ぎていた」

出典 https://news.artnet.com

見た瞬間、ラファエロだと見抜く目利きの凄さ!実際、アンドールさんでないと見つけることは困難だったのでは?と言われています。

この絵はX線などで慎重に判定されラファエロだと確定。何度も言いますが、その値打ち26億円!いわゆる、仕入れ値2,600円です。

ラファエロ・サンティ

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

1483年4月6日〜1520年没、盛期ルネサンスを代表するイタリアの画家、建築家。ラファエロの作品はその明確さと分かりやすい構成とともに、雄大な人間性を謳う新プラトン主義を美術作品に昇華したとして高く評価されており、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとともに、盛期ルネサンスの三大巨匠といわれている

出典 https://ja.wikipedia.org

これって、世紀の大発見ではないでしょうか?37歳と短い生涯でしたが、その才能は高く評価される天才。今も根強いファンが世界中に多くみられます。

ラファエロの間

出典 https://ja.wikipedia.org

ヴァチカン美術館の「ラファエロの間」(後に「署名の間」と呼ばれる)には、彼とその弟子たちによって描かれた著名なフレスコ画が展示されています。

ラファエロは、この壁画の中で、プラトンのモデルはレオナルド・ダ•ヴィンチ、ヘラクレイトスはミケランジェロと尊敬している二人をモデルに描きました。

また、現在でも一般公開されています。訪れた人々に今も衝撃と感動を与え続けているのです。

出典 https://news.artnet.com

500年近くの時を経て、発見されたラファエロのこの絵は、大きな話題になり世界中を驚かせました。とても美しい絵ですね。これから、修復作業がなされ一般公開される日が楽しみ。もう、埃にまみれることもないでしょう。これからは、大切に保管され多くの人に感動を与え続けるのではないかと思われます。いつか、本物をこの目で見てみたいですね♪

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス