記事提供:R25

日頃からツイッターに動物や昆虫の画像を投稿している人物が、「爬虫類や虫を触っている人が働いているコンビニなんて考えられない」というクレームにより、コンビニのバイトを辞めさせられたことをツイッターで報告。これがネットで話題になっている。

不条理な理由でバイトをクビになったとツイートしたのは、プロフィール欄に「爬虫類の飼い方動画などをYouTubeに投稿してる大学生」とつづるツイッターユーザーだ。

その人物は、普段から自分が飼っている昆虫や動物などの画像を投稿しており、その中でもとりわけ多いのが爬虫類。ツイッターにはとぐろを巻くヘビ、手のひらサイズのトカゲなどの画像が投稿されている。

そんな投稿主だが、ツイッターを見たと思われるコンビニ利用者から上述のクレームが寄せられ、バイトを辞める羽目になってしまったという。

投稿主は「衛生管理ちゃんとしてるしその事を伝えた」ものの、店長は「写真や動画を消したらクビにならんかもしれん」と答えるにとどまり、投稿主が「辞めます」と言うと、店長は「無力でごめんな」と返したのだそうだ。

これについて、ツイッターには、

「貴様はもはや客ではない、と言いたい案件だなあ」

「コンビニの店員は勤務中にトイレの掃除とかしてるわけでそれは構わないんだな」


「別に不衛生でもなんでもないでしょ。勤務前にはちゃんと手を洗ってるんだろうし…」


「嫌なら行くコンビニの方変えればいいのに 変なの」


と、怒りと同情の声が寄せられており、件のツイートのリツイート数は2万件に到達している(10月6日12時現在)。一方、「この話自体、創作ではないか?」という指摘もあったが、

「それがバレて店に言われたら俺の社会的立場なくなるよね?」

「多く拡散されるアカウントである事を理解していてそんななんのメリットもない創作ツイートするほど僕は馬鹿ではありません」


と、投稿主は反論している。ツイッターには、

「爬虫類飼ってる人がコンビニで働くのも犬猫飼ってる人がコンビニで働くのも大差なくね」

「イヌとかネコとかの方が毛が付くしよっぽど衛生管理云々にひっかかるのでは」


「絶対汚いのは哺乳類なのに。ノミとかダニいそうだし」


といった声もあがっており、いずれももっともな指摘だろう。もしかすると、より深い事情があったのかもしれないが、投稿主の主張どおりなら理不尽としか言いようがないクレーム内容とその結末だけに、多くのネットユーザーが憤りを覚えたようだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス