子供を欲しいと強く願う人にとって、精子バンクを利用するというオプションもあります。通常、精子バンクを利用するには高額な費用がかかると言われており、子供が欲しい人の中には金銭的に余裕のない人もいるため、全ての人に適しているというわけではありません。

米ノース・カロライナ州に住むマット・ストーンさん(37歳)は、自身も2児の父親、そしてシングルファーザーです。マットさんは10年前にある精子バンクに登録し、時折、精子を提供していました。

それが、4年前から自身のFacebookを通して無料で精子を提供するようになったといいます。「費用が賄えない人たちのために、自分が助けることで一人でも多くの人にハッピーになってもらえたら」と話すマットさん。

4年間で100人以上に精子を提供した

Pinned from mirror.co.uk

この4年間で、マットさんは少なくとも70人の子供の父親になっていることが判明しています。現在も20人ほどの女性がマットさんの子供を妊娠中なんだそう。報告されていない分を数えると、実に100人以上の父親になっている可能性があるといいます。

SNSを通して無料で精子を提供するといっても、誰にでもあげるわけではありません。マットさんが確認するのは、子供の親となる人の生活環境。そして子育てできるだけの経済的余裕があるかどうかもきちんとチェックします。

自分の精子を提供して生まれてくる子供に幸せになって欲しいと願うからこそ、こうしたチェックは必要不可欠だと話すマットさん。

マットさんの精子を望む人たちとは?

Licensed by gettyimages ®

マットさんによると、マットさんの精子提供を望むのは90%がレズビアンカップル、そして5%がシングルで母親になりたい人、ストレートのカップルで子供に恵まれない人が5%といった内訳だそうです。

過去には2日間に4人の人に精子提供をしてそのうちの3人が見事に妊娠したという事例もあり、「僕の精子がヒットする可能性は結構高いみたいですよ」と話します。

マットさんの精子提供は、Facebookで拡散されていて1日に10人以上の「子供が欲しい」人と連絡を取り合っていると言います。マットさんは、精子を提供しても父親として名乗りをあげるつもりはないそうです。その子供が、育ての親の下でただ幸せになってくれれば十分だと胸の内を語っています。

マットさんは「私はITの仕事をしていて、2児の子供のシングルファーザーですが経済的にじゅうぶんやっていけるので、精子を提供してお金を稼ごうなんていう考えは更々ありません」と無料で精子提供し続けている理由を述べています。

43歳になるマットさんのお姉さんには子供がいません。「姉は年齢限界のギリギリまで子供を作らないと決めていて、いざ、欲しいと思ってもできなかったんだ。だから僕がしていることをいいことだと言ってくれるよ」と家族の理解も得ている様子。

精子を提供し、第一子を設けたカップルが第二子もマットさんに希望するというケースもあるようで、「45歳ぐらいまで続けていけたら」と話しています。

ただ、マットさんの「子供を欲しいと思う人を助けている」という行為は、世間では批判されることの方が多く「じゃ、その子供たちが恋愛関係になったらどうするの」「あまりにも身勝手」「子供には父親が必要。精子を与えりゃいいってもんじゃない」といった声も寄せられています。

子供が誕生するというのはあくまでも神秘的なものであり、その自然の行為をこうした形で歪めてしまうことは間違っているという人もいます。

でも、子供に恵まれない人にとっては、どんなオプションにも縋りたい気持ちがあるのではないでしょうか。「子供ができない」という一人一人を、苦しみから救うという意味ではマットさんは大きく貢献していることでしょう。ただ、あまりにマットさんの子供が多くなると、確かに将来、その子供たちが偶然出会った時に問題が起こってしまうことも否めません。

子供のいない人たちを助けていると信じるマットさん。あなたはこうした精子提供をどのように感じますか?

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス