記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

子宮頸がんは、20歳~30歳代の女性が発症しやすく、性交渉の経験がある女性は、子宮頸がん検診が早期発見・早期治療のために重要です。

しかし、いざ子宮頸がん検診を受けるとなるとちょっと怖い、痛みがあるって本当?などといった声もちらほら。

そこで今回は「子宮頸がん検診完全マニュアル」と題し、子宮頸がん検診で何がおこなわれるか医師に解説していただきました。

子宮頸がんを発症しやすい年齢

子宮頸がんは、20代後半から40歳くらいまで上昇した後、横ばいになります。最近では特に、20代など若い層での子宮頸がんの発症が増加しています。

子宮頸がん検診を受ける年齢・間隔

年齢
20歳から子宮頸がん検診を受けることが勧められています。

間隔
2年に1回程度が推奨されています。

子宮頸がん検診の問診内容

□年齢
□妊娠・出産歴
□既往症
□生理周期
□生理の状態(生理痛や出血量、期間など)
□不正出血や腹痛の有無
□性交渉の経験の有無

上記のような一般的な婦人科の問診内容を問われることが多いです。問診票に記入する形式のところもあります。

子宮頸がん検診の視診内容

子宮頸部は子宮の入り口、子宮の中では体表から近い部位にありますので、膣鏡を入れて子宮頸部の状態を見ることになります。

実際に観察することによって、見える部位の病変の有無や炎症、おりものなどを確認します。

子宮頸がん検診の細胞診内容

軽く子宮頸部を専用の綿棒のような器具などでこすって、細胞を採取し、顕微鏡で観察することになります。

子宮頸がん検診の精密検査内容

子宮頸がんの一般的な検診では前項で記載した細胞診が行われますが、この検査でクラスⅢまたはそれ以上の結果が出た場合にはコルポ診と呼ばれる検査が行われます。

コルポ診
コルポスコープという機械を膣内に入れて、子宮頸部や膣の内側を見る検査で、その部分を拡大してみることができるので、まだ小さな子宮頸がんを発見しやすいです。

また、このコルポスコピーで心配な所見がある場合は組織診が行われ、異常が疑われる部位を小さく切り取ってその病変の状態や深さを確認します。

子宮頸がん検診の費用

子宮頸がん検診の費用は、住民票の登録のある自治体や、健康保険の種類、個人で受けるものか集団検診化などによって異なってきます。

自治体などで行われる公的なものであれば費用が掛かっても2千円程度までと手ごろな値段で受けられます。2年に1度程度のことで、早期発見が非常に重要な子宮頸がんですので、是非定期的に子宮頸がん検診を受けておきたいですね。

子宮頸がん検診の際の痛み

痛い理由
細胞を採取するために、クスコを入れて子宮頸部を開く際に痛みを感じる方がいらっしゃいます。

クスコ
金属でできた専用の器具で、膣内に入れて内部から膣を開くのに使われる医療器具です。

痛みを緩和する方法
難しい場合がありますが、できるだけ下半身の力を抜いて検査を受けることで楽に受けられることが多いといわれています。

≪不正出血にはそうした子宮のトラブルが隠れているかも!≫
不正出血、もしかしたら病気のサインかも…見分けるポイントは

医師からのアドバイス

子宮頸がんはワクチンも出来るなど何かと話題になることの多いがんです。きちんと定期検診を受けていれば早期に発見しやすいがんでもありますので、検査はしっかり受けておきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス