精子ドナー

米国ノースカロライナ州ローリー在住のマット・ストーンさん(37歳)は、フェイスブック上で【精子ドナー】として投稿し、1日10人まで連絡を受け付けています。(精子提供はアラスカとハワイを除く米国本土の女性に制限)

そして、彼はこの4年間で最大で100人の父親になったことを明らかにしました。

出典 https://www.facebook.com

マット・ストーンさん

きっかけ

10年前に彼が精子バンクでテンポラリースタッフとして働いていた時に、初めて精子を提供したことが始まりでした。

4年前にフェイスブックを通じて無料提供開始

マットさんは4年前に【無料で精子提供します】とフェイスブックページを開設。

彼自身が行う審査をパスした米国本土内在住のカップルや独身女性に精子を無料で送り始めました。

出典 https://www.facebook.com

マットさんは定期的に検査を受け、肝炎、エイズなどの病気に感染していないことを証明しています。また、精子を提供する相手に対してもこれらの検査報告を求めています。

生まれた子が幸せになれるか確認した上で精子を提供

マットさんは、精子を提供するにあたって、相手の収入や家庭環境などのバックグラウンド、夫婦の場合は、夫婦仲なども相手に質問したり、相手のフェイスブックなどをチェックしたりして調べます。

生まれた子供が、幸せになれると判断した上で、マットさんは精子を提供しています。

出典 http://www.mirror.co.uk

精子は、郵送されます。

約100人の父親に

毎週8人まで、精子提供が可能で現在、20人の女性がマットさんが提供した精子によって妊娠中ということです。

現在までに、マットさんが精子を提供して生まれた子供は約70人、しかし妊娠して出産しても、マットさんに報告してくれない女性も含めると、実際は100人は生まれているかもしれないとのこと。

出典 https://www.facebook.com

たいていの女性が妊娠したことをマットさんに報告してくれるそうですが、一部の女性は報告してこない場合もあるとマットさんは考えています。

子供が欲しくてもできない人たちの夢が叶うように支援

IT企業で働いているマットさんは「私は、毎回、自分が精子提供した女性が妊娠に成功すると、達成感を感じます。不妊で悩んでいる女性やゲイカップルなど、子供が欲しくても子供が持てない人たちの夢を叶えられるように、私は彼らを支援してきました。」と語っています。

出典 https://www.facebook.com

マットさんの元には、妊娠に成功した女性たちからお腹の中の赤ちゃんの写真が届きます。

人々を支援するために行っている

「私の姉(43歳)は、出産可能な年齢までに子供を作ろうとしなかったので、子供がいません。その彼女が私がしていることは素晴らしいと言ってくれます。私は経済的には恵まれていますので、精子提供は本当に無料で行っています。それでお金を儲けようとは一切考えていません。私は人々を支援するためにこのサービスを行っているだけです。」

出典 https://www.facebook.com

マットさんの精子提供によって生まれたお子さん。このようにその後の子供の成長を報告してくれる女性たちが殆どです。

親になるためにお金がかかりすぎてしまう”精子バンク”

「正式に”精子バンク”を利用することは、とても費用がかかります。でも、子供が欲しくてもできない人たちすべてが”精子バンク”を利用できるだけの経済的余裕があるとは限りません。

生殖医療関係企業は、人々がたくさんお金を支払わなければならないようにできています。それは人々が親になるためのチャンス得ることに対して不公平にしていると感じています。」とかつて精子バンクでテンポラリースタッフとして働いた経験があるマットさんは言います。

9割がレスビアンカップル

マットさんがこれまで精子を提供したのは、90%がレスビアンカップル、5%が男女のカップル、5%が独身女性だそうです。

大切なのは精子提供した相手と距離を保つこと

「私の提供した精子での妊娠率が高いため、とてもたくさんの人たちが私に精子提供を希望してきます。以前、2日で4人の女性に精子提供したのですが、その4人ともが妊娠に成功しました。

私はこれまで精子提供して生まれた子供たちの中で実際に面会したのは、1人だけです。自分自身と相手のためにも、精神的に影響を与えないように、実際に精子提供した女性やそれで生まれてきた子供たちに会うことは避けています。彼らとはオンライン上だけでのコンタクトを心がけています。

私は子供たちが私が父親であることを知ってほしくはありません。なぜなら、常に父親として子供たちに会えるわけではないので、子供たちに悲しい思いを抱かせたくはないのです。子供たちの両親は、目の前にいる人たちです。私は彼らとの距離をちゃんと保っています。」とマットさんは精子提供する上での自分の基本精神を語りました。

マットさんは精子提供するドナーとしてのプロフェッショナル的精神を持っています。

出典 https://www.facebook.com

こども達の成長は、オンライン上で報告されるだけにとどめています。

審査

マットさんから精子をもらうには、最初にマットさんが作成したアンケートに答え、審査を通過しなければなりません。

「私は生まれてくる子供たちがみな、幸せになれることをしっかりと確認します。それは、不幸せな状況で子供たちが育ってほしくないからです。」

審査では、相手がネガティブな考え方をしていないか、ちゃんと働いているか、健康なのか、カップルの場合は、互いに相手に対して不満をもっていないかどうか、そして安定した家庭を築いているかと子育てが可能な年齢であるかどうかなどを基本的にみるそうです。

精子提供する上での自己管理

マットさんは、常に健康な精子を提供できるように、自身の健康管理にとても気をつけているそうです。

毎週2~3回は、フィットネスで体を鍛え、水泳もフェンシングもやっています。かつてはライフガードもやっていたそうです。

マットさんは、高学歴で健康上の問題もなく、家系での遺伝子トラブルもありません。

2人目の子供を希望する人たちのために

精子提供は、マットさんが45歳になるまで続けるそうです。

精子提供した多くの人たちが、2人目の子供が欲しいとマットさんに再び精子提供を求めてくるそうです。

なので、その人たちに精子提供できるように、45歳になったら、新しい人たちへの精子提供は止めるつもりなのだそうです。

出典 https://www.facebook.com

2人目の子供が欲しいと希望する人たちのために

2人の子持ちのシングルファーザー

マットさんは2人の子供を持つシングルファーザーです。将来的にもっと自分自身の子供が持てればいいなと考えているそうです。

出典元

日本での精子バンク利用にかかる費用

日本では、精子バンクを利用して妊娠を希望する場合にかかる費用はだいたい10万~20万円ほどだそうです。ただ、これは精子バンクを1回利用する時の費用です。実際は、1回で妊娠できるとは限らないため、妊娠するまで何度も利用することになると数百万円ことも少なくないそうです。

民間の精子バンクを提供している所は、費用は無料から莫大なものまでまちまちだそうです。

最後に

日本でも、精子バンクを利用する女性が増えつつあるとのことです。子供が欲しくても相手がいない場合、女性は年齢だけ重ねてしまいます。そのような女性の精子バンクでの需要が増えてきているそうです。

マットさんのように個人で精子を公の場で堂々と無料提供している人は、たぶんまだ日本にはいないかと思われます。マットさんはとてもプロフェッショナル的精子ドナーの精神を持たれているので、彼からの精子提供を受けて子供を産むことは安心できますが、なかなかこのような精神を持たれている方はいらっしゃらないことでしょう。

それでも、マットさんに妊娠を報告しない女性がいるというのは、たぶん、その後のマットさんとの交流が怖いのでしょうね。それもあって、マットさんは今回、マスメディアの取材もうけられたのでしょう。自分がどれだけプロフェッショナルな精神をもってこれをやっているか知ってもらうために。

精子ドナーでの人工授精については、賛否両論あると思いますが、このような活動をそれらが必要な人々の支援としてやられている方もいらっしゃることをここでご紹介させていただきました。

人は他の人あるいは何かの役に立つために生まれてくるのだと聞いたことがあります。人それぞれできることとできないことがあります。マットさんの場合は、子供が持ちたくても持てない人たちに希望を与えることが自分にできることだと考えられたわけです。

さて、あなたには、この人生の間に、人や何かのために役に立つことでは、何ができるでしょうか?そういうことを考えてみるいい機会になればと願います。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス