記事提供:wondertrip

広島県は宮島や原爆ドームなどの世界遺産があることから、たくさんの観光客が国内外から押し寄せる「観光県」です。

今回ご紹介するのは、広島県の中でもリピーターが多いといわれている「鞆の浦」。ノスタルジックな雰囲気漂う街並みがその人気の理由です。鞆の浦の魅力、存分にお伝えします!

この記事の目次

#1 「崖の上のポニョ」がブームの火つけ役
#2 鞆の浦といえば、これ
#3 レトロでノスタルジックが見どころがたくさん!
#4 海を渡って仙酔島へ
#5 おすすめは5月!
#6 鞆の浦のおしゃれなカフェ
#7 お土産ならこれ!
#8 やさしい気持ちになれる場所

「崖の上のポニョ」がブームの火つけ役

出典image by PIXTA / 24512763

鞆の浦は、岡山県との県境・福山市にある昔ながらの町並みが残る港町です。かつては潮の満ち引きを待つ船が多く集まり「潮待ちの港」として栄えました。

静かな港町が注目を浴びるようになったのは、ジブリ映画「崖の上のポニョ」の舞台となったから。実際、宮崎駿監督も滞在したとか。

福山駅からは、猫バスも走っているんですよ。ハリウッド映画や日本のドラマのロケ地としても使われているので、この風景見たことある!という方も多いのではないでしょうか?

鞆の浦といえば、これ

出典image by PIXTA / 22583349

鞆の浦・そのシンボルといえば、石造りの常夜燈。かつては灯台の役割も果たしました。江戸時代、主要な港には常夜燈・雁木・波止・焚場・船番所の設置が必要でした。

現在、5つすべての施設が残る港は鞆の浦だけなんだそうですよ。観光客が一番多い常夜燈の近くには、観光施設やおしゃれなカフェなどがたくさん。鞆の浦に着いたら、ここを目指して歩いてみましょう。

レトロでノスタルジックが見どころがたくさん!

出典image by PIXTA / 14988571

バス停から常夜燈まで向かう途中、古い町家と町家の間の石畳の道を通ります。何だかノスタルジックな空間で、まるでタイムスリップしたような気分になる景色。「都市景観100選」にも選ばれた街並みは散策にもぴったりですよ。

鞆の浦は、主要な観光スポットが徒歩圏内というコンパクトな街。散策には歩きがおすすめです。町家の中にはお土産屋さんもありますので、のぞいて見るのも楽しいですよ。

出典image by PIXTA / 12359337

歴史に詳しい方なら、三条実美の名前は聞いたことがあるのではないのでしょうか?明治維新を語る時には必ず出てくる公家出身の政治家です。江戸時代末期、三条実身ら「七卿」と呼ばれる人々が京都を追われ、長州に向かう途中に滞在したのが当時大商家だった中村家の住宅でした。

鞆の浦名産の「保命酒」というお酒を造っていた酒蔵で、今でもその名残を見学することができます。明治時代に太田家所有となったため、「太田家住宅」となりました。

出典image by PIXTA / 21014799

船着場からすぐの場所にあるお寺「福禅寺」には、広い座敷から海に浮かぶ弁天島を見ることができる「対潮楼」があります。江戸時代、朝鮮からの使節が「日東第一形勝」と称賛したといわれる景色が望めます。同じ言葉が額として飾られているんですよ。

窓枠を額縁に見立てて写真を撮ると、まるで絵画のように見えることから多くの人がシャッターを切るスポットでもあります。坂本龍馬も立ち寄ったこともあるそうですよ。

出典image by PIXTA / 11981538

鞆の浦が一番きれいに見える場所、として知られるのが高台にある「医王寺」の「太子殿」です。常夜燈付近から医王寺までは徒歩10分程度でしょうか。石畳の美しい坂道を登った先にあります。本堂から更に583段の石段を上ると、鞆の浦が一望できる太子殿が。

石段を上るのはちょっと大変ですが、疲れも吹き飛ぶほどの美しさですよ。近くには江戸時代の奇才として有名な平賀源内の生祠というちょっと変わった祠もあるんですよ。

海を渡って仙酔島へ

出典image by PIXTA / 8974707

時間がある方は、船に乗って仙酔島に向かってみてください。鞆の浦からは連絡船でわずか5分。自然がたくさん残る島で、夏は海水浴に訪れる人でにぎわいます。マグマが隆起して造られた5色の岩が海岸線沿いに続く場所は、パワースポットといわれています。遊歩道が設置されているので、ぜひ近くで見てみてくださいね。

小さな島ですが温泉や宿泊施設もあり、鞆の浦を楽しみ尽くすにはもってこいです。

おすすめは5月!

鞆の浦では、毎年5月に「浦弁天島花火大会」が開催されます。2500発の花火は、水面に反射してより美しく見えますよ。花火の前には伝統芸能「アイヤ節」が披露されるなど、鞆の浦の一大イベントです。

公共交通アクセスがバスしかない鞆の浦ですので、渋滞は必須。日帰りでの観覧は大変ですよね。海沿いのホテルや、仙酔島の宿泊施設でお泊り花火なんていかがでしょうか?ノスタルジックな街での花火を贅沢に楽しみましょう。

鞆の浦のおしゃれなカフェ

街並みが美しい鞆の浦。古民家をリノベーションしたおしゃれなカフェやレストランがぞくぞくオープンしていること、ご存知ですか?常夜燈のすぐそば、築150年の長屋を改装した「鞆の裏@Cafe」はレトロな外観と郵便ポストがなんともおしゃれ。

瀬戸内海の魚介をふんだんに使ったパスタを食べながら、おだやかな鞆の海をのんびる眺めるなんて素敵ですよね。テイクアウトもOKなので、晴れた日は雁木に座ってお茶、なんてことも。

お土産ならこれ!

ご当地サイダーって、見つけると買っちゃいませんか?鞆の浦にもあります、ご当地サイダー。鞆の浦の名産「保命酒」を使用したサイダーで、独特の甘さとすっきりした後味が特徴的。保命酒は生薬を使った薬味酒で、体にもいいんですよ。

鞆の浦ゆかりのいろは丸をデザインしたラベルもおしゃれですよね。街歩きの途中で、帰りのバスを待つ間に、そしてお土産にいかがですか?

やさしい気持ちになれる場所

鞆の浦をご紹介してきましたが、いかがでしたか?瀬戸内海特有のやさしい海風と昔ながらの街の雰囲気が、疲れた心をほぐしてくれますよ。広島旅行を計画する際には、鞆の浦のぜひ候補にいれてみてくださいね。やさしい気持ちになれる場所です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス