記事提供:子ある日和

妊娠中、赤ちゃんを仮の名前で呼ぶ方は多く、『胎児ネーム』という言葉があるぐらい一般的なものになりました。

皆さんバリエーション豊かな『胎児ネーム』を付けていて、聞いてみるとママとパパの愛情がいっぱいで、とっても幸せな気持ちになっちゃいます。

『こつぶ』じゃなかった『こつぶ』ちゃん

『こつぶちゃん』と呼んでいました。産んでみたら、3500gの大型ベビーでした。女の子、現在1歳11ヶ月

出典 http://koarubiyori.jp

それ、分かる気がします…

なぜか夫婦2人とも男の子だろうと思い込んでいて、『ジュニア』と呼んでいました。しかし、女の子とわかって夫婦でビックリ。慌てて子供につける名前を考えて、その名前で呼ぶようにしました。女の子、1歳

出典 http://koarubiyori.jp

パパとママの愛情たっぷりの『胎児ネーム』

性別がわかるまでは『可愛い天使さん』と呼んでいました。性別が男児だと判明してからは、主人が姓名判断で13、2画がいい画数と言ってきまたので、何個か候補ある候補から暖人はるとがいいねっと夫婦の意見が一致してはるくんと呼んでました。

現在2歳8カ月

出典 http://koarubiyori.jp

『宝物(たからもの)』女 現在17歳

出典 http://koarubiyori.jp

あかちゃんにちなんだ『胎児ネーム』

『あーちゃん』 女 3歳

出典 http://koarubiyori.jp

『あかさん』 男 9歳

出典 http://koarubiyori.jp

『ベビたん、赤さん、』 男の子、8才

出典 http://koarubiyori.jp

『ベビたん』 4歳の女の子

出典 http://koarubiyori.jp

『べびたん』 女の子 3歳

出典 http://koarubiyori.jp

『べべたん→べべ太郎(男の子とわかってから)』長男 12さい

出典 http://koarubiyori.jp

『bebe(イタリア語のベビーという意味)』次男 8さい

出典 http://koarubiyori.jp

『ベベちゃん』 赤ちゃん→ベイビーちゃん→ベビちゃん→ベベちゃんとなりました。女、12歳(小6)

出典 http://koarubiyori.jp

エコーで見た形や大きさが『胎児ネーム』に

豆つぶのように小さいので、『豆ちゃん』、と呼んでました。男の子0歳

出典 http://koarubiyori.jp

『ちびちゃん』 男の子 4歳

出典 http://koarubiyori.jp

小さいので、『ちびちゃん』もしくは『まるちゃん』と呼んでいました。女の子、4歳

出典 http://koarubiyori.jp

上の子のときは、『ぴーちゃん』と呼んでいました。エコーの胎児の形がピーナツのようだったので、自然にそう呼ぶようになりました。

下の子のときは、『なっちゃん』と呼んでいました。この呼び名から名前を考えました。長女21歳 次女12歳

出典 http://koarubiyori.jp

『ナノちゃん』と呼んでいました。初めてのエコーで、小さすぎてまだ何も見えなかったので、まだナノサイズなんだね~なんて主人と話していたのがきっかけです。女の子 満9ヶ月です。

出典 http://koarubiyori.jp

ポコポコお腹を蹴るので…

『ポコスケ』(お腹の中で元気にポコポコたたいてきたので、そう呼んでいました。) 男、現在12歳です。

出典 http://koarubiyori.jp

お腹の中の長男はとても活発で、足でよくボンボンお腹を蹴ったり、手をギューっと伸ばしては圧をかけてきました。ですので長男の仮の名前は『ぼんちゃん』。歌も作って、よくお腹に向けて歌っていました。

童謡のようなメロディで「はやく出てこい。ぼんちゃんよ~♪」みたいな感じでした。生まれて顔をみたら丸々としていて「あー。やはりボンちゃんだ」と感動しました(笑)長男 13歳

出典 http://koarubiyori.jp

次男はお腹の中ではおとなしく、小さめでしたので「赤ちゃん」から取って『あーちゃん』。ここでもやはり、今度は長男も一緒に「はやく出てきて。あーちゃんね~♪」みたいに歌ってました。楽しい想い出です。次男 9歳

出典 http://koarubiyori.jp

『ポコ』と呼んでいました。当時、上の子が年中で、お腹に赤ちゃんがいるという事の意味が少しわかり始めて、私が妊娠した事。自分がお姉さんになるという事をとても楽しみにしていました。

当時、上の子がお腹にいる時も胎児ネームをつけて呼んでいましたが、今度は、お腹の中の赤ちゃんに呼びかけるのが、自分だという事で、上の子が名付けてくれました。

女の子でも男の子でもどちらでも良いようにつけてくれましたが、由来が可愛くて、お腹を触ったら、ポコっと動いたから!!だそうです。

以来、呼びやすいし、生まれてくるまでこの名前で呼んでいたので、親近感が湧きました。男の子 2歳

出典 http://koarubiyori.jp

決定した名前・却下になった方の名前

『ひなちゃん』と呼んでいました。私がつけたかった名前でしたが、途中で却下になっていまい…。妊娠中のみ『ひなちゃん』と呼んでいました。 女の子 7歳です。

出典 http://koarubiyori.jp

名前にちゃんづけ 長女 7才、 次女 0才

出典 http://koarubiyori.jp

候補名で『ゆうひちゃん』 男、0歳

出典 http://koarubiyori.jp

意外なものが『胎児ネーム』になっちゃいました~

当時かわいい野良猫が家の前までよく来ていてその猫を勝手に「みーこ」と呼んでいてその流れでお腹の子も『みーこ』と呼ぶようになりました。 現在1歳8か月の女の子です

出典 http://koarubiyori.jp

『ころちゃん』です。ちょうど胎児ネームの話を職場でしたときが120gくらいだったんですが、職場の同僚がクリームコロッケ2つ分、と言われ、コロッケの『ころちゃん』。ただ、私がたまに、でどちらかというと職場のみなさんかは呼ばれていました。ちなみに、旦那は呼んでませんでした。 1歳

出典 http://koarubiyori.jp

カワイイ音の響きが決め手?の『胎児ネーム』

『キューちゃん』です。多分女の子と言われていたので、名前が最後まで決まらず、あだ名で呼ぶことになりました。呼んでいたのは私だけですが…。

由来は特にないです。おなかに話しかけていて、「名前どうしようか?えっと、キューちゃん?キューちゃんね!」というぐあいです。 女の子です。現在0歳5カ月です。

出典 http://koarubiyori.jp

『ぽんちゃん』と呼んでました。夫の変なインスピレーションが由来です。 男 現在7歳

出典 http://koarubiyori.jp

上の子は早いうちに性別がわかり、名前もすっと決まっていたのでその名前で呼んでいましたが、下の子はなかなか性別がわからなかったので「ふたりめ」の『ふーちゃん』と呼んでいました。 6歳男・2歳男

出典 http://koarubiyori.jp

『ばんぶるびー』 男の子、1歳5ヶ月です

出典 http://koarubiyori.jp

男の子なのか女の子なのかわからなかったので、とりあえず『ひめた』と呼んでいました。 小学2年生(7歳)の女の子です。

出典 http://koarubiyori.jp

かわいらしい呼び方が良かったので『クマチャン』と呼んでいました。 男の子

出典 http://koarubiyori.jp

『ぴょんこ』 女の子

出典 http://koarubiyori.jp

『ぺろ美』 女の子、5歳

出典 http://koarubiyori.jp

正式名を決めた上で、ニックネームの『みっくん』と呼んでました。 男 3歳

出典 http://koarubiyori.jp

『タロちゃん』と呼んでしました。由来は、性別を聞いて男の子だったので、なんのひねりもなく太郎⇒タロ⇒タロちゃんです。

主人も気に入ったのか、呼びやすいのか分かりませんが、タロちゃん・タロちゃんとお腹に話しかけていました。男の子 現在4歳です

出典 http://koarubiyori.jp

お花の名前も素敵

予定日が4月9日で桜の季節だったので、『さくら』 と呼んでいました。 8歳 女

出典 http://koarubiyori.jp

いかがでしたか?どの胎児ネームにも愛がいっぱいこもっていて(今は大きく成長したりして)「出産・子育て」って素敵だなーと改めて思いました!!

我が家でも最初は『マメ』ちゃん、妊娠後期は『スイカ丸』と呼んでいましたよ。『スイカ丸』も今や元気な小学生!!いくつになっても、ママの愛は変わりません!

権利侵害申告はこちら