記事提供:ORICON STYLE

ちょうど1年前、映画『バクマン。』の取材のとき、「自分の顔に飽きた」という悩み(?)を告白していた佐藤健。新作主演映画『何者』での佐藤扮する冷静分析男子・拓人の佇まいに“俳優って顔どころか別人になれるんだ!”と驚いた。

そして改めて、佐藤には主演がよく似合う、とも。“この人にしかできない”という固有の魅力で、強い存在感を放った新作映画について、また俳優生活10周年を迎えたいまの心境も聞いた。見栄、意地……本気で俳優業に向き合う“カッコ悪い”理由とは!?

自分のなかから出てきたことだけでやっても、自分にしかならない

――冒頭のモノローグから、これまでとは全く違う印象に驚きました!

佐藤健 
「びっくりした」って言われるのは嬉しいし、そういうことを目指してやっていました(笑)。

――本作の主人公・拓人のルックスは、どのように作っていかれたのですか?

佐藤健
自分がどう演じるか? をイメージしながら脚本を読むんですけど、今回は最初から最後まで、ずっと迷っていたし、悩んでいました。プロデューサーにも「拓人をどう演じたらいいかわからない。ヤバい」ということを話していましたね。

――これもまた意外な話です。どうやって突破口を見つけたのですか?

佐藤健 
やっぱり演じるうえでは、別人になりたいじゃないですか。何となく演じると、どうしても佐藤健が演じていることにしかならない。自分のなかから出てきたことだけでやっても、自分にしかならないんです。

そういうとき、何かコピーするものがあると、お芝居がしやすい。今回は、原作者の朝井リョウをコピーしようと決めました(笑)。

撮影現場で三浦大輔監督と話し合う佐藤健。

三浦監督から演出を受ける有村架純と佐藤健。

――斬新なアプローチですね! その方法とは?

佐藤健 
本当にそれでいいのか? ということも含めて、どういうところをコピーするかを取材するために、一緒に食事に行きました。「朝井リョウでいくから」とは言わずに(笑)。

で、とりあえず「美容室って、どこに行ってるの?」とか聞いて「どこどこってお店の誰々さんに切ってもらってる」という情報を入手して。「その時計、いいね! 見せて」って写真を撮ったり、クローゼットにある服を取材したり。

データが揃ったところで「今回、朝井くんをコピーすることにしたから。とりあえず、その美容室で髪切ってくるわ!」みたいな感じでした(※実際に朝井の行きつけの美容室で今回のヘアスタイルにした)。

劇中で、フレッドペリーのポロシャツを着ているんですけど、本当に朝井くんはフレッドペリーばっかり着ていましたね。もちろん、朝井リョウを演じるわけではなく、自分にないものをコピーしながら、実写ならではの僕が演じる拓人、別人になっていく。

朝井くんを軸に置くと決めてからは、どこに向かって芝居をしていったらいいのか、ひとつ明確に見えたことで、すごくお芝居がしやすくなりました。

“インでいきなり芝居なんかできるわけねぇじゃねーか!”と思う派(笑)

――顔つきや姿勢、走り方や声のトーンまで、見たことのない佐藤さんが、映画のなかに存在していました。とくに意識されていたことは何でしたか?

佐藤健 
顔の表情は、常に気にしていました。口角はちょっと下がってた方がいいよね、とか。かなり感覚的なことなので説明が難しいんですけど、別の役をやるとき、ニュートラルな状態の顔は、絶対に違っていたいんです。

ちょっとしたニュアンスが違うだけで、別人に見えたりするので、無表情なときも自分にならないように意識して。今回、困ったときは“朝井リョウだったら、こういうときどんな顔をするんだろう?”って朝井くんをイメージすれば、ニュートラルになれていたと思います。

走り方だけは、朝井くんが走っている姿を見たことがないので、がむしゃらに走っていただけかもしれないけど(笑)。

――脚本も手がけた、三浦大輔監督の演出はいかがでしたか?

佐藤健 
脚本を読んだとき、本当にどう演じたらいいのかわからなかったので、監督を信じて、監督に身を任せてやろうと決めていました。僕が拓人の内面にどんどん向き合って芝居をしていったとき、周りからどう見えているか? という指摘が多かったですね。

ミスリードのためにも、周囲やお客さんからどう見えるか? というのがすごく大切な役だったので。気持ちを入れた結果、ちょっとイヤなヤツに見え過ぎてしまっているから、もうちょっと抑えた方がいいかもしれないというふうに、さじ加減を見てくださいました。

――2日間稽古を積んでから、撮影に臨まれたそうですね?

佐藤健 
もともと映画を撮るとき“クランクインでいきなり芝居なんかできるわけねぇじゃねーか!”と思う派なので(笑)。今回、この作品をやりたいと思った理由のひとつに、イン前にリハーサルをちゃんとやることがありました。

同年代の魅力的な俳優さんたちとそういう作業ができることに心惹かれて。このメンバーで、ちょっとずつ、ちょっとずつ作っていく作業がすごく楽しかったです。

――とくに拓人のコンプレックスを大いに刺激する、菅田将暉さん演じる光太郎との関係については、どう捉えましたか。拓人はなぜ、光太郎と一緒に暮らしたのだと考えましたか?

佐藤健 
まぁ、誘われたからなんですけどね(笑)。光太郎のこと、全然嫌いじゃないし、むしろ好きだし、一緒にいてラクだし。たぶん人気者の光太郎と住んでいるってことは、自分にとってマイナスにはならないだろうし、いいかなあと思ったんじゃないかな。

何が正解かわからないから、いろいろなパターンをやって全部出し切れた

――演じていても、光太郎は魅力的な存在でしたか?

佐藤健 
魅力は大きかったですね。コンプレックスをマックスに感じたのは、光太郎の内定が出たときでした。それまでも、もちろん光太郎のことは認めていたけど、ちょっとは自分の方が優秀だったりするんじゃないか? と思っているところもあって。

光太郎に内定が出て、俺(拓人)には出ないってなったときの崩壊していく構図、拓人の嫉妬心には共感しました。

――いまお話いただいたシーンもそうですが、人生の傍観者だった拓人が、就活仲間と互いに切磋琢磨するなか、当事者になっていく青春ドラマで、拓人から感情があふれ出す瞬間に胸を衝かれました。とくに印象に残っているシーンはありますか?

佐藤健 
後半の面接のシーンは、いちばん時間がかかったこともあって、印象に残っています。台本を読んだときも、果たしてこのままでいいのか? といちばん思ったシーンでした。拓人のセリフが本当にこれでいいのだろうか? とずっと考えていました。

撮影の1週間くらい前から前日まで、ずっと監督と相談してやりとりするなかで、台本以上に膨らませてセリフを作って。かなり議論というか話し合って、撮影当日を迎えたんですが、実際現場に入って、やってみて、また監督と話して。

結局、面接の終わらせ方も含め、何パターンか別のお芝居も撮ったんです。完成作を観たとき、あぁ、監督はこれを選択したんだって。“ほぅ!”っていちばん思ったところもそこでしたね。

――どう受けとめたのですか?

佐藤健 
観終わったときの、観終わり感に直接つながる映画のラストシーンなので、もうちょっとすっきりできる終わり方の方がいいんじゃないか? ということを考えていたんですけど、僕が映画を観た感想としては、結果的に監督はもやっとした方向を判断されたんだなって思いました。

“やっぱ、そんなにわかりやすくねぇよな!”って気持ちがあるんだなって。自分でも何が正解かわからないから、いろいろな議論があって、いろいろなパターンをやって、お芝居としては全部出し切れたので、あとは監督を信頼して、監督の編集にお任せしますという感じでした。

年を重ねるうちに自分を客観的に見れなくなっていく

――本作を通して、原作にも頻出する「想像力」というテーマについては、どのように考えましたか?

佐藤健 
想像力については、今回改めてというより、原作を読んだときにいろいろと考えさせられました。基本的には共感ばかりしていましたね。まだ言う段階じゃないことをブログに書くってどうなの? ってこととか(笑)。

そういう意味では今回、拓人はかなり自然体でした。原作に書かれた「想像力」って、要は“自分がどう見えているのか、客観的に見えてんの、君は?”みたいな意味ですよね。それをちゃんと想像できているの? という意味では、自分がどう見えているのか、僕も常に客観的にいようと努めてはいます。

忘れてしまう瞬間ももちろんあるけど(笑)。やっぱり年を重ねるうちに、麻痺していっちゃうじゃないですか? どんどん自分を客観的に見れなくなっていく気がするので、常に意識することが大事だと思います。

――今年は、7月に熊本の被災地へ慰問に行かれたり、9月には写真集+DVDブック『X(ten)』(ワニブックス)を発売されるなど、お芝居以外の活動も印象的です。俳優生活10周年を迎えたいま、お芝居のいちばんのモチベーションは何ですか?

佐藤健 
自分が出演している作品を観て、それがあるからがんばれるみたいなことを言ってくださる人がいることはもちろんありがたいんですけど、本当のモチベーションっていうのは全然カッコ悪いものです。

僕ら俳優は、作品に出ないと生活できないじゃないですか? 作品に出ざるを得ないなかで、出るんだったらダサい格好は見せたくないし、なあなあでやっているって思われたくない。

だからがんばる、本気でやる。それが正直、いちばんのモチベーションというか、一生懸命やる理由なんだと思います。見栄というか、意地というのか(苦笑)。

――デビューした頃から、変わったことはありますか?

佐藤健 
10年前は何も考えていないですから! もちろん一生懸命やっていましたけど。楽しかったし。自分のなかで10年前と違うことと言えば、期待してくれる人や自分を認めてくれている人、自分を信じて作品にかけてくれた、一緒にやってきたスタッフがいてくれること。

そういう人たちに恥ずかしい姿は見せたくないし「あいつ、変わったな」って思われたくないなって。ファンの人たちも、いいと思ってくれたから、ファンでいてくれるわけで、そういう人たちの期待に応えたい。やっぱり“いい仕事してるよね”って思われたいですね。

(文:石村加奈/撮り下ろし写真:逢坂 聡)

佐藤健 『何者』インタビューフォトギャラリー

何者

出典 YouTube

就活の情報交換のためひとつの部屋に集まった5人の22歳。かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。

光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。人一倍、意識高い系でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。

海外ボランティアの経験、サークル活動、手作り名刺、SNS、業界の人脈。様々なツールを駆使して戦っていく就活生たち。企業に入れば「何者」かになれるのか、自分は「何者」になりたいのか……。

そんな疑問を抱えて就活を進めるなか、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、一緒に過ごすうちに、就活のやり方やスタンスに嫌悪感を覚えることもあり、徐々に人間関係が変化していく。

そして拓人はサークルOBのサワ先輩(山田孝之)に相談するも、思うようにいかない現実に苛立ちを隠せなくなる。やがて「内定者」が現れたとき、抑えられていた妬み、本音が露になっていく。そして、ようやく彼らは自分を見つめ直す。果たして自分は「何者」なのか。

監督・脚本:三浦大輔
出演:佐藤健 有村架純 二階堂ふみ 菅田将暉 岡田将生 山田孝之
2016年10月15日(土)全国東宝系にてロードショー

(C)2016映画「何者」製作委員会
【公式サイト】(外部サイト)

プロフィール

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス