記事提供:TOCANA

イラクの大臣が、世界初の空港を建設したのはシュメール人であり、さらには宇宙旅行や惑星探索を行っていたと発言、英「The Independent」紙やアラブ首長国連邦の国際ニュース「アル=アラビーヤ」に取り上げられ大きな話題を呼んでいる。

■大臣の驚愕発言に関係者困惑

各メディアの報道によると、イラクの運輸大臣カージム・フィンジャーン氏の口から驚きの発言が飛び出したのは、イラク南部ジーカール県で開かれた新空港の開港会見でのこと。

「世界初の空港は7000年前にこの場所、ジーカール県に建てられました」(フィンジャーン大臣)

「シュメール製のUFOはここから他の惑星に向けて飛び立っていました」(同)

出典 YouTube

さらには、シュメール人は宇宙船に乗って冥王星にまで到達していたと、シュメール史の権威サミュエル・クレーマー教授やロシア人のシュメール文明専門家に言及しつつ持論を展開したそうだ。

確かに、シュメール文明は紀元前5000年頃に興った最古の都市文明とされ、楔形文字や暦など当時としては考えられないほど高度な技術と知識を有していたといわれているが、さすがに大臣の発言に周囲は度肝を抜かれたようだ。

カタールの衛星テレビ局「アルジャジーラ」は「視聴者と側近が困惑していた」と報道、英王立国際問題研究所の研究者ヘイダー・アルクーイ(Hayder al‐Khoei)氏もTwitterで「奇妙な発言」だと呟いている。

「奇妙な発言だけど、彼(フィンジャーン大臣)に逆らうほど勇敢な人はいないだろうね」(アルクーイ氏)

アラビア語圏在住のツイッターユーザーからは、大臣の資質を疑問視する辛辣な言葉も。

「この大臣が、UFOがどうたらこうたら妄想を垂れ流すこと自体、アル=アバーディ政権(イラク現政権)が馬鹿と大麻中毒者と人間のクズの集まりだってことだよ」(ダウード氏)

「この阿呆が現職の運輸大臣だって信じられるか?彼の脳みそにアッラーの祝福あれ!」(アーミル氏)

このように大臣の発言は政治家としては相当印象の悪いものだったようだが、実はシュメール文明と宇宙人の関係はしばしばUFO研究家の間で真剣に議論されてきたお馴染みのトピックだ。

■シュメール文明の謎

ヒストリーチャンネルの番組『古代の宇宙人』で人気を博すジョルジオ・ツォカロス氏も過去に、UFO研究サイト「Legendary Times.com」のインタビューでシュメール文明について言及している。

「シュメール文明とエジプト文明を考えて見て下さい。どちらも類を見ないほど高度に発達した文明です。これらの文明以前、人類は洞窟に暮らしていたんですよ」(ツォカロス氏)

「シュメール文明とエジプト文明には、技術面での進化の痕跡がありません。つまり、基礎的な段階から洗練された形へ発展していったわけではないのです。あたかも最初から全てを知っていたかのように、洗練された技術が突然出現したのです」(同)

果たしてシュメール人が宇宙旅行を楽しんでいたかは分からないが、ツォカロス氏が言うようにシュメール文明の成立には謎が多く、宇宙人との関係を完全には否定できないことは確かだ。

ともかく、フィンジャーン大臣が失った信用を取り戻すにはイラクの政治経済を立て直して、新空港から宇宙船を飛ばしてもらうのが一番だろう。世界最古の宇宙飛行士であるシュメール人に負けず劣らずの活躍を期待しよう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス