記事提供:TABIZINE

オランダ在住の筆者が聞いた、オランダ人が日本を訪れたときに「エッ」と驚いたということ7選をお伝えします。

1. 街にごみ箱がほとんど無い、なのにキレイ

街がキレイ、ごみのポイ捨てが少ないというのは、日本を旅したことのあるオランダ人の共通意見。その中でも面白かったのは「街にごみ箱が全くないのにね!」というコメントでした。

確かに言われてみると、オランダの街中にはごみ箱をあちらこちらで見かけます。日本はそのごみ箱が無い(少ない)のにあんなにキレイ街を保っているなんてすごいな、という感想を持ったそうです。

2. コンビニで買うお菓子の過剰包装

ビニールの大袋の中にプラスティックの仕切り板があり、更にそこにきっちり収まっているお菓子の個体もきっちり包装されているということに驚いたと語るオランダ人がいました。

それをまたレジでポリ袋に入れて渡してくれるので、こんなに沢山のビニールをどうすればいいの…という気分になったそうです。外国人にとって日本のコンビニは不思議と驚きに満ちているよう。

3. デパ地下の高級フルーツがすごい!

デパートの地下食料品売り場で高級フルーツ店に立ち寄ったオランダ人は、「果物のクオリティに驚いた」と語っていました。恐らく巨峰のことだと思うのですが、「あんなにクルミのように大きなぶどう、初めて見たわよ!」と興奮を隠せない様子でした。

そしてもちろん、その高価な値段を見て二度驚いたのだとか。

4. ありとあらゆる場所で電子音が聞こえる

日本にずっと居ると気がつきにくいですが、言われてみると確かに駅のホームのベル、スーパーのBGM、コンビニの自動ドアなど、ありとあらゆる場所で人工的な電子音が聞こえますね。

それが好きとか嫌いとかいうことではなく、オランダと全く違う環境なので驚いたそうです。

5. トイレ専用のスリッパがある

まだまだ家の中でも土足で過ごすことが多いオランダ人にとって、スリッパはまだ馴染みのない存在。しかも室内用とトイレ用のスリッパを分けて使うなんて、そんな発想があること自体が驚きだったようです。

けれど、男性が世界一、女性が世界で二番目に背が高いというデータもあるオランダ人。足のサイズも平均的な日本人より大きい人が多いので、用意されたスリッパを使えないこともあるのだとか。うーん、残念!

6. 小学生がみんなランドセルを背負っている

実は筆者は、オランダでランドセルを背負っている小学生女子に出会ったことがあります。驚いて彼女の母親に尋ねてみると、日本に旅行したときに小学生がみんな同じかばん(ランドセル)を使っているのを見た少女が、自分も使いたいとおねだりしたのだとか。

オランダだと一般的には学校既定のバッグなどを使うことはないので、みんなが同じランドセルを使っている光景は、かなり新鮮に思えたそうです。

7. 日本の映画には、食事のシーンが多い

日本のことに詳しいオランダ人にある日言われたのですが、「日本の映画には、食事をとるシーンが多い」と感じるのだとか。

出典 YouTube

【OUR LITTLE SISTER – nu verkrijgbaar】

彼女自身は、オランダでも公開された日本映画「海街diary」を観た後にそういう感想を持ったそうです。確かに異母姉妹たちが「生しらす丼」を一緒に食べることで絆を深め、離れていた義妹が家族に(カレーなどの食べ物を通して)馴染んでいく演出がされていますね。

彼女が分析するには、それは日本人が食事、食べることを大事にしているからなんだとか。オランダ人は食事をそれほど重要視していないので、映画でもそれほど頻繁に食事のシーンは出てこないとのこと。そういったことにも、国民性って表れるんですね。たしかに、日本語は、食感を表す単語が他国の数倍あるそうです。

オランダ人が驚いたこと7選、すべて日本に暮らす日本人にとっては当たり前のことばかりでしたね。でもオランダ人にとってはどれも新鮮なトピックだったそうです。これだから、国際交流は面白いですね。

[All photos by Shutterstock.com]

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス