日本で出産経験のある方はもうご存知だと思いますが、日本での出産費用は平均50万円程度と言われています。これはあくまでも高級施設を選ばなかった場合だそうですが、日本は出産育児一時金の支給により、実際には自分で支払う金額は10万円前後となっているようです。

国によって出産費用はもちろん異なりますが、アメリカは世界で最も出産費用が高い国として知られています。帝王切開か自然分娩かによっても値段の差は大きく、地域により金額も異なります。

海外在住者の人がアメリカで出産する費用は時に1000万円超えとも言われており、現地の妊婦でも帝王切開の場合は、150万円ほどの高額な費用がかかるとされています。

なぜ、アメリカの出産費用はそんなに高いのか?

もちろんアメリカが誇る最新医療、最新テクノロジー、きれいな医療環境、最高のドクター、最高の医療チーム、最高の医療設備もあるだろうが、そればかりではない。産婦人科医は医療事故が合った場合に訴えられるケースが高いため、高額な保険に入っている。

その金額は何千万円というほどである。そのため、それがお産の金額にも跳ね返る。また高齢出産が増えるなか、患者側の希望から検査の数も増えてきた。さらにアメリカではほとんど産婦人科医が直接お産に立ち会っている。当然産婦人科医となれば専門医となるので、それだけで値段が上がる。

出典 http://www.caretheworld.com

サイト「Care the World」によると、このような説明がありました。アメリカでは日本のように国民健康保険制度というものがないので、一般の高い保険会社に頼らなければならないということが、出産費用を上げている理由のようです。

SNSで赤ちゃんを授かったばかりの父親が請求書を公開

出典 http://imgur.com

海外版2ちゃんねる「Reddit」ユーザーhalfthrottleさんが投稿した一枚の請求書が話題になっています。

赤ちゃんが生まれたばかりで喜びいっぱいのはずの両親に、突き付けられたのは病院からの出産費用の請求書。そこに書かれてあった費用明細を見て愕然とする父親。なんと、そこには「帝王切開後のスキンtoスキン(赤ちゃんと裸で抱っこし合う)費用」も含まれていたのです。

親が我が子を抱っこして、なぜ費用がかかる⁉

Licensed by gettyimages ®

halfthrottleさんによると、今回の出産総費用は諸経費合わせて13,280.49ドル(約136万円)でしたが、そのうちの39.35ドル(約4千円)が「帝王切開後のスキンtoスキン費用」となっていました。

当時の光景を思い出し、halfthrottleさんはSNSで語りました。「看護師は、私に子供を抱かせて、妻の首や胸にスキンtoスキンをさせてくれたんだ。私のカメラまで使ってその姿を写真に撮っていた。とても和やかな雰囲気で、私たちもとてもいい経験をさせてもらった。でも、この請求書を見ると彼らが陰でほくそ笑んでいたのがわかったよ。」

ユーザーの声としては「何でもかんでも病院は費用を請求する」という病院側への批判もありましたが、あるユーザーは「分娩室の看護師という立場からすると、費用がかかってしまうものは仕方がないと思う」と述べ「でも、ただの抱っこに請求費用を加算するのはおかしい」と疑問の声を寄せました。

保険の事情から、出産費用が高額になってしまうのは仕方がないのでしょうが、我が子の誕生の瞬間を迎え、親が抱っこしてどうしてお金を払わなければならないのでしょうか。harlthrottleさんが奥さんと唖然とした光景が目に浮かぶようです。

アメリカの出産事情と比べると、日本は良心的という感じが否めませんね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス