記事提供:messy

Tell Me!!!!!

男性性にまつわる研究をされている様々な先生に教えを乞いながら、我々男子の課題や問題点について自己省察を交えて考えていく当連載。

2人目の先生としてお招きしたのは、「ハゲ」をめぐる問題を男性性の観点から研究した『ハゲを生きる─外見と男らしさの社会学』(勁草書房)の著者である昭和大学准教授の須長史生さんです。

身体への意識が圧倒的に低い男性が唯一執着を見せる「ハゲ」問題

清田代表(以下、清田)桃山商事では、女性たちから「妊娠のリミット」に関するお悩みをよく耳にします。彼女たちは「20代半ばくらいになると、身体の中でタイマーが作動したような感覚になり、恋愛や結婚に焦りが生じてくる」と言います。

しかし一方で、彼女たちと交際する男性側はその感覚を理解できず、それが原因ですれ違いが起こるというケースを何度も見聞きしました。

須長史生先生(以下、須長)確かによく起こりそうなことですね。

清田 思うに我々男性というのは、月経をはじめ妊娠・出産の機能がないことや、美容意識を植え付けられない性ということもあって、女性に比べると身体への意識が圧倒的に低いですよね。

多くの男性は身体のケアをほとんどしないし、自分はいつまでも若くて健康だと思っている節がある。仮に太っても体力が落ちても「運動すれば元に戻る」という意識だし、自分がいつか死ぬなんて考えもしない…そうした楽観的な男性が多い印象を受けます。

しかし、そんな中にあって男性が異様なまでに固執するのが毛髪、つまり「ハゲ」の問題ではないかと思うのです。

須長 男同士の会話にはハゲの話題が本当によく出てくるんですよね。

このシャンプーがいいとか、「1本抜いたら2本生えてくるらしい」とか(笑)。不思議な文化現象だと思います。私がこのテーマを研究しようと思ったのも、「なぜこんなにも男はハゲにこだわるのだろうか?」という素朴な疑問からでした。

清田 かく言う自分も、高1のときにクラスの男子から「お前てっぺんヤバくね?」と言われて以来、常につむじ付近の動向が気になるようになりました。

頭頂部に時限爆弾が埋め込まれているような感覚があり、作動し始めたら一巻の終わりだ…とビクビクしています。

須長先生は著書の中で、そんなハゲ問題を「男性性」や「男らしさ」といったものと絡めて論じられています。こういった視点で研究を始めたきっかけは何だったのでしょうか。

須長 端的に言うと、ハゲをめぐる言説が非常にジェンダーバイアスのかかった状況になっていると感じたからです。例えば一般的に「ハゲは女性にモテない」ということが語られ、ハゲは“スティグマ(=負の烙印)”として扱われます。

しかし、この社会には「男は外見など気にしてはならない」というジェンダー規範もありますよね。そうすると男性は、ハゲを気に病んでしまう一方で、そうやって外見的コンプレックスを隠そうとすること自体がさらなるスティグマになってしまう。

そういう、いわば“手足の縛られている状態”を社会学的に考察してみたいと思ったのがそもそもの動機です。

清田 確かに、薄くなった部分を隠すための髪型は「スダレ」「バーコード」などと呼ばれて揶揄の対象になってしまうし、仲間内の会話やメディアの記事なんかでも、「○○さんはカツラ疑惑」「○○さんは植毛してるらしい」みたいなことがよく話題にのぼったりしますもんね。

須長 隠したり誤魔化したりするのは男らしくない、ということなんでしょう。そもそも、男性の頭髪が薄くなるのは「加齢にともなう身体の変化」を示すありふれたパターンのひとつに過ぎません。

本来なら、これに否定的な評価を下すのは“外見差別”以外の何ものでもないわけです。

しかし、嘲笑する側はその対象を「ハゲそのもの」ではなく、ハゲを気にする“マインド”や隠そうとする“不自然さ”にスライドさせることで巧妙に正当化しているという側面がある。

清田 なるほど…。そこで登場するのが、「気にするな」「堂々としていればいい」という前向きなアドバイスを装った“ポジハゲ論(=ポジティブ・ハゲ論)”というわけですね。

外見差別を隠蔽し、ハゲ男性を強者と弱者に二分する“ポジハゲ論”

ポジハゲ代表・斉藤さんは確かにモテるようですが…。

須長 ポジハゲ論というのは、私が『ハゲを生きる』を出版した1999年当時からハゲをめぐる言説において支配的な考え方でした。この状況は2016年の現在に至るまで更新されていません。

清田 最近だとお笑いコンビ「トレンディエンジェル」のボケ・斎藤司が大人気で、「なぜかJKにモテモテ!“薄毛=モテない”方程式を覆すトレエン斎藤さん人気」なんて記事も話題になっていました。これなんて典型的なポジハゲ論だと感じます。

須長 そうですね。「ハゲはハゲそのものでなく、それを気にすることがモテない要因だ」「そこから脱却するには、気にしないこと、ポジティブになることが第一歩だ」という論法がポジハゲ論の特徴であり、この社会に根深く浸透しています。

清田 先生は著書でポジハゲ論の問題点を指摘されていましたね。

須長 ポイントは2つあって、ひとつは先ほど言った「論点のスライドによる差別の正当化」です。「気にすることがダメなのだ」という論理展開にすると、ハゲは“本人の努力次第で克服できる問題”となりますよね。

こうやって自意識の問題にスライドすることで、「ウジウジ気にするのが良くないのだ」という言説に置き換えることができ、差別意識を持たずにハゲを攻撃することが可能になるわけです。

清田 こういう論法を取られちゃうと、相手に悪気がない分、言われた方も違和感や苛立ちを表明しづらくなりますよね。無意識の暴力という感じがして恐ろしい…。

須長 もうひとつは、男性を「ハゲていても堂々と振る舞える人(=強者)」と「それができない人(=弱者)」に仕分けしてしまうという問題です。

全員がトレンディエンジェルの斎藤さんみたいになれたらいいですが、外見のコンプレックスを逆に強みとして生かしたり、仕事や趣味など別領域で獲得した自信によって乗り越えたりできる人はごく一部でしょう。

もっとも、斎藤さんだって悩んでないとは限りませんよね。結果的に乗り越えられたとしても、そのための負担や忍耐を当人に強いること自体がポジハゲ論の問題点だと思います。

清田 強者と弱者に二分されてしまうと、ただでさえ気に病んでいる人に対し、「メンタルが弱い」「もっと努力しろ」といったまなざしが向けられかねないですもんね…。

須長 そうなんですよ。それゆえ、ポジハゲ論はハゲ問題を乗り越えるための解決策にはならないというのが私の考えです。

「ハゲたら女性にモテない」という“フィクション”の視線

清田 『ハゲを生きる』は、ハゲ経験を持つ15人の男性に対するインタビューをもとに構成されていますが、ハゲに対する男性の心情を大きく3つに分類されていました。

須長 「老化への寂しさ」「早すぎる抜け毛(若ハゲ)への動揺」「女性にモテなくなることへの不安」という3つですね。

清田 男性が老いや衰え、あるいは須長先生の言う“不可逆性”や“隠蔽困難性”をここまでモロに体感する機会って、ハゲ以外にあまりないですもんね。

女性たちの恋バナを聞いていると、現実と向き合わず、チャレンジを避け、具体的な決断を下さないことで見栄やプライドを保とうとする男性の話がよく出てきます。

これはAV監督の二村ヒトシさんが「インチキ自己肯定」という言葉で指摘している問題でもあるんですが、ハゲというのはそれができないからこそ、男性をこんなにも震え上がらせるのかもしれませんね。

須長 それともうひとつ、「女性にモテなくなることへの不安」も根深い問題ですよね。私が行ったインタビュー調査でも、男性たちは「ハゲると女性にモテない」「ハゲると女性に対して恥ずかしい」という強固な意識を持っていました。

しかし実際には、ハゲを理由に女性にフラれたとか、女性から直接ネガティブなことを言われたという人はいなかった。よく考えると、これって不思議なことだと思うんですよ。

清田 どういうことですか?

須長 世の中には、確かにハゲた男性が苦手という女性だっているとは思います。でも、それが女性の圧倒的多数派を占めているというエビデンスはどこにもありません。

女性から直接差別を受けたという体験に根ざしているわけでもないし、女性がハゲを理由に男性を嫌う実証的な裏付けもない。つまり、ここで想定されている女性の視線というのは“フィクション”なんですよ。

清田 なるほど…。僕の中にも「ハゲたら女性にモテない」という恐怖はありますが、言われてみれば確かに、その女性というのは抽象的な存在を想定しているような気がします。

事実、僕は中高6年間男子校に通っていて、ほとんどまともに女子と会話したことがなかったにもかかわらず、「ハゲたらモテない」と強く思い込んでいました。

須長 フィクションというのは、要するに「根拠が問われずに存在し続ける」ということです。

だから仮に、誰か具体的な女性が「私はハゲが好き」と言ったとしても、「ハゲたら女性にモテない」という思い込みが覆ることはない。これはなかなか厄介なことだと思います。

清田 ホントそうですね。「彼氏のハゲ頭を触ったらキレられた」という女性の話を聞いたことがありますが、恋人ができたところでハゲを気に病むマインドがなくなるわけではないというのは、よく考えたら不思議な話ですよね。

須長 実は、そのフィクションの視線というのは“男性によって”生み出され、男性同士のやり取りの中で利用されているものなんですよ。

清田 それが著書の中で指摘されていた「男性同士のからかい」や「人格テスト」というものですね。後編ではそのあたりのお話についてじっくりうかがえたらと思います。

<後編へ続く>

■今回の先生■

須長史生(すなが・ふみお)

1966年東京都生まれ。昭和大学准教授。専門はジェンダー論。1999年、東京都立大学社会科学研究科後期博士課程退学。著書に『ハゲを生きる─外見と男らしさの社会学』(勁草書房)がある。

『ハゲを生きる─外見と男らしさの社会学』(勁草書房)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス