出典 http://weheartit.com

Twitterにて書店屋さんの告白…万引き被害の実情を語った投稿が注目されています。想像以上に深刻な状態。それは、死活問題にも値する程、凄まじいものでした。

Twitterユーザーの書店員さん、担当の売り場の本が好調に売れてると思っていたら、実は「めちゃめちゃ万引きされた」と驚きの投稿。その数70冊。しかも…

1冊盗まれると大体5冊から10冊弱売らないと元は取れません。

出典 https://twitter.com

70冊も盗まれていたら、最低でも350冊売らないと元は取れない…まさに死活問題です。皆さん、出版物って仕入れ値が若干、高め設定されていることをご存知ですか?出版・書店業界の仕組みに「再販売価格維持制度」というものがあります。これは、出版社が書籍・雑誌の定価を決定、小売書店等で定価販売ができる制度のこと。

出版社にもよると思うのですが、大体、定価の70〜85%程度での仕入れが一般的と言われています。その為、1冊盗まれると5〜10冊弱販売しないと元が取れないということになるのです。

出典 http://weheartit.com

この投稿には、同じ本屋さんで働いていた方々からも、万引きの被害の実情が寄せられました。

書店で働く方々から寄せられる悲惨な実状。来店してくれるお客様を疑っている訳ではないのですが、万引きは実際に有りその被害は甚大。万引き発見した場合は、即通報なのですが…万引き犯が学生の場合、保護者の方に連絡します。するとそこでも一悶着…

ごく稀に生徒の犯行で「息子の将来が~」とかいう親御さんもいるらしいですが、問答無用で通報します。こっちも生活かかってるんで。

出典 https://twitter.com

つい出来心で…ストレスからなどの言い訳を聞くことがあるのですが、万引きは犯罪です。「息子の将来が〜」と言う保護者の方、なかったことにしろと言うのでしょうか?

もちろん書店員さんも人の子。もし自分の子供が…自分の親が、兄弟が…と考えた時、色々と心の中で葛藤はあったと思います。お客様を疑ったり、警察に突き出すような真似をしたい訳ではありません。しかし、減らない万引き、どうしたらいいのでしょう?書店が我慢すればいいという問題でもないのです。さらに…

逆ギレの上に脅迫です。
子どもを犯罪者にするのか?犯罪を侵したのはお子さんです。
取った分の代金は払うから
最初から払えばこんなことには…。
警察だけには、
なぜ、万引きれて我慢しなければいけないのですか?
訴えてやる!え?万引き捕まえたら訴えられるの?
ネットで評判落とすぞ、はい。脅迫。逆に訴えられますよ。。

子どもを守りたい、犯罪者にしたくない、将来に…分かります。分かるのですがこれを許してしまうと、お子さんも不幸になります。もしお子さんが万引きしてしまったら、毅然とした態度でお子さんと向き合い諭すべき。

「万引きくらい」など思わないで下さい。親に守ってもらった子どもは、何かあれば親が助けてくれると学んでしまいます。そして、また、万引きを繰り返す可能性を捨てきれないまま解決してしまうのです。"安易な万引き"と考えている陰で、重い本を運び、店頭に並べ、笑顔で接客している反面、万引きと戦い苦労している人たち、絶望を感じ、死んだ目になっている人たちがいるのです。その人たちにも生活がある、家族がいるのです。

結果、ルールは守ろう。万引きはダメ

「欲しいものがあったらお金を貯めて買う」という努力をしてみましょう。努力して買った物って普通に手に入れるより、万引きして手に入れるより、ずっと嬉しくて価値のあるものになるんです。そして大切に扱う。万引きして手に入れても嬉しくないでしょ。気持ちだって少し後ろめたい。

そしてこれを肝に銘じて下さい。

「万引きは窃盗」です。

※権利者の許可を得て掲載しています。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス