映画『何者』が、10月15日から公開されます。

今作は、就職活動にのぞむ5人の大学生たちが、SNS上の人間関係や自意識に翻弄される姿を浮き彫りにするストーリー。原作は『桐島、部活やめるってよ』でも知られる作家・朝井リョウ氏、監督は演劇ユニット『ポツドール』を主宰、人間の奥底にある欲望を映し出すことに関しては、かねてから定評のある三浦大輔氏が務めます。

そして、この物語の核となる大学生グループを演じるのが有村架純さん、菅田将暉さん、二階堂ふみさんといった、日本の映画・ドラマ界を牽引する若手俳優陣。Spotlightでは今回、主人公・二宮拓人を演じる佐藤健さんの単独インタビューをお届けします。

「芝居」をしている実感があった作品

『るろうに剣心』『龍馬伝』など、これまで躍動感あふれる役を多く務めてきた佐藤さん。ですが、今回演じる二宮拓人は、SNSを積極的に利用するような、今時のごく普通の大学生

「もちろんどの役も違うので毎回違いは感じているのですが、今回はほかの作品に比べて、より『芝居』をしているという実感がありました。今まで僕が演じてきた役柄は、その人物の人生をそのまま切り取るという、ドキュメンタリーに近い事だったので、逆にあまり作り込んでいかないほうがよかったんです。今回は監督が舞台出身ということもあって、本番前のリハーサルやテストを何回もやりましたし、他のキャストたちと呼吸を合わせながら、“自分たちで作品を作っていく”という感覚がすごく強かったです」

出典 YouTube

『何者』予告編

『天皇の料理番』秋山徳蔵であれば“料理の才能”、『BECK』田中幸雄であれば“歌の才能“など、天賦の才を身につけた主人公を演じることも多かった佐藤さん。そうした意味でも、個性を持たない今回の役への取り組み方に、戸惑ったこともあったそうです。

「たしかに、これまではいわゆる“天才”みたいな役をやることが多かったかもしれません。もちろん、そうした役も努力はしないといけないんですが、どの方向に努力すればいいかは割と明確に見えていました。例えば秋山篤蔵だったら、料理を頑張るといった具合に。でも今回の場合は、どこにどう頑張っていいのかがわからなくて難しかったですね。だからずっと手探りだったし、悶々としたものを抱えたまま進んでいく感じはありました」

「俳優という仕事の分野で一番を目指したい」

そこで今回、撮影にのぞむにあたっては、配給会社・東宝の実際の人事・内定者とともに、リアルな“就活体験“をしたそう。

「面接は難しかったですね。シビアな世界だなというのがわかったし、就活する人はみんな偉いなと思いました(笑)。ただ、もし自分が落ちたとしてもわりと気にしないんです。『今回は合わなかったんだな』とすぐに切り替えられるタイプなので」

舞台は違うものの、会社から内定を得るために大学生が行う就職活動も、作品に出演するために俳優がのぞむオーディションも、“勝ち上がっていく”という競争の構造に違いはありません。

「言ってしまえばみんなライバルだけれど、仲間や友達が成功したらうれしいし、周りの俳優に大して、特に競争心は持っていないですね。ただ、せっかく男に生まれたんだから、俳優という仕事の分野で一番を目指したいとは思っています」

映画を見た友人の感想は…

この作品では、拓人が冷静分析系男子、有村さん演じる瑞月が地道素直系女子、菅田さん演じる光太郎が天真爛漫系男子と、それぞれ実生活に「いるいる!」と思わせるキャラばかり。このインタビューの途中、佐藤さんからこの大学生グループの中で、誰に感情移入をしたかと問われ、「拓人」だと答えたところ…

「僕もその1人なんです。朝井リョウくんは、『何者』を読むほとんどの人が拓人に感情移入するように作っていったらしく、実際小説を読んでいるときは拓人にずっと共感していましたね。一方で、僕の知り合いで、隆良(※編集部注:岡田将生さん演じる空想クリエイター系男子)のように、クリエイティブの仕事をしている人からは『やばい、恥ずかしい』『今日から心を入れ替えて頑張ります』と感想が送られてきました(笑)」

そう共感しながらも、撮影では手探りのまま進んでいったと語っていた佐藤さん。“二宮拓人”という人物がスクリーンに映し出されているかは、見た人の感想に委ねています。

「例えるなら、顔がない『のっぺらぼう』のような役を今回やらなければいけなかったので、それが体現できたかと聞かれると、まだ分からないですね。だから、今日の様に取材する方や、映画を見た皆さんから『普通にいそうでした』と言われて実感していくんだろうなあと」

年配の人にこそ見てもらいたい映画

「就活」というテーマのため、やはり高校生・大学生といった若者に見てほしいのでは、と伺ったところ、意外な返答が。

「大学生とか同年代の方は絶対共感してくれると思うので、もちろん見てほしいんですけども、実は年配の方にも見てもらいたいんです。というのは、原作の朝井リョウくん曰く、小説では年齢が上の方から『面白かった。若者たちのSNSやTwitterの中では、こんなことが繰り広げられたなんて』という評価が多かったらしく、映画でもそうなっていけばいいと思っています。何もデフォルメしてない、これが現代の若者たちのリアルなんだと感じてもらえれば」

インタビュー途中、「役者スイッチ」を入れるコツは、の質問に「気合いですね。あとは負けず嫌いの気持ち」と答えてくれた佐藤さん。「何者」にもなれない拓人という人物を作り上げることが難しかったと語る理由には、こうした発言からもわかるように、佐藤さん自身が「俳優」として強い矜持を持っているからなのかもしれません。

<テキスト:東田俊介 撮影:長谷英史>

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス