「本当にちゃんと言ってくれるんですか?」

Licensed by gettyimages ®

食品スーパーの社員として、アルバイト・パートから様々なお願いをされることがあります。その中でも私が苦手なのは・・・

「あの人に注意してください」

と言われることです。なぜそのようなお願いをされるかというと、従業員一人一人には、仕事に対する温度差があり、一生懸命全力で取り組んでいる従業員の目には、そうでない人の姿がよく見えます。

なので、「私がこんなに一生懸命に頑張っているのに、あの人は手を抜いている」と不満に感じるのでしょう。ですが、不満に感じていても直接言うのはためらうようで、

それは、それぞれの立場があるからでしょう

社員が上司に注意しにくいように、アルバイト・パートさんにも、年の差や先輩・後輩といった上下関係があり。言いにくいことがあります。

そんな時に私に相談してくるのですが、彼ら・彼女らから見ると私がちゃんと注意しているかどうか不安になるようです。

「そんな優しい言い方で本当に伝わるんですか?」

Licensed by gettyimages ®

職場での私は、どちらかというと穏やかで優しい口調で話をするようで、その口調では・・・

「相手を正すことは出来ないんじゃないか?」

と心配されることがあります。確かに心配になる気持ちは分かります。なぜなら私はこのように注意することがあるからです。

ヘビースモーカーの新入社員との思い出

出典 http://ameblo.jp

彼にとって煙草とは?

出典 http://ameblo.jp

その彼に仕事の指示を出す私。

出典 http://ameblo.jp

人が教えている最中なのに・・・(涙)

出典 http://ameblo.jp

彼の気持ちを考えてあげるべきか?

出典 http://ameblo.jp

悩む私に・・・

出典 http://ameblo.jp

私の背中を押したアルバイトの言葉

出典 http://ameblo.jp

米 他の従業員も決められた休憩時間以外は煙草を吸うのを我慢しています。彼だけ好きな時間に行かせると周囲の不満が大きくなるでしょう。

注意の決意を固めた私。

出典 http://ameblo.jp

みんなの気持ちを考えて注意する私。

出典 http://ameblo.jp

すると彼の表情が一気に・・・

出典 http://ameblo.jp

笑いでフォローする私。

出典 http://ameblo.jp

彼の表情が緩みました。

出典 http://ameblo.jp

曇り空を晴れにしたかったのです。

出典 http://ameblo.jp

いかがでしたでしょうか?私自身が後で思い起こしても「なんだか頼りない注意の仕方だな?」という印象をもちました。

「もっとビシッと注意出来ないものかな?」

と歯がゆい気持ちになりました。しかし・・・

注意の仕方を考える前に、もっと大事なことがあります。

Licensed by gettyimages ®

どのように注意しようかと考える前に、心の中で持つべき大事なこと。それは一歩踏み出す勇気です。以前の私は今よりも「こんなことを言ったら嫌われるのではないか?」という気持ちにとらわれて注意そのものから逃げていました。

そんな時にある先輩から・・・

「注意の仕方なんてそれぞれでいいよ」
「伝え方なんてものは人それぞれで真似できるものではないんだよ。それよりもまずは自分のやりやすい伝え方で伝えることが大事なんだよ」と教えられたことがあります。

私はこの先輩の言葉を今でも大事に心の中で持っています。もっとビシッっと注意したほうが良いと頭では分かっているのですが、実際に注意すべき相手を目の前にすると気が引けてしまうことがあります。

それでも、それぞれのやり方で、まずは注意することが大事だと思います。たとえそれで相手に改善が見られなかったとしても・・・

「前にも言いましたよね?」と言えるのですから。

そして、あとで思い起こすことによって、「次はもっとこのように伝えよう」と反省をし、改善することが出来るでしょう。


「そんな優しい注意の仕方で相手に伝わるんですか?」

という従業員の心配に対して私が思うことは。ものの言い方、伝えるときの雰囲気は人それぞれで真似しにくいものです。実際に相手を目の前にすると頭で思い描いていたこととは違う気持ちが揺れ動くときもあります。

しかし、最も大事なことは一歩を踏み出すことです。たとえそれが周囲から優しすぎるんじゃないか?と思われてもです。その一歩が次につながります。

この記事を読んでいただいている方の中には私のように、人に注意するのが苦手という方がおられると思います。

どのように注意しようかな?と注意の仕方を考え込んでしまい、結局、やっぱり今回はやめておこうと注意することから逃げてしまいがちな方もおられると思います。

そんな方の少しでも参考になれればと思います。一歩踏み出す勇気がほしい時は、ぜひ私が先輩から教わった言葉を心の中で唱えてみてください。

「注意の仕方なんてそれぞれでいいよ」

きっと、勇気ある一歩を踏み出せられると私は思います。

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス