記事提供:Conobie

我が家は双子を同時に寝かしつけをすることが多いので、変わった型が多いと言われます。

我が家の子どもたちは双子の男の子と女の子。寝かしつけをする時も、2人同時に行うことが多いです。2人同時に寝かしつけをするとどんな風になるのか…ご紹介したいと思います。

長期決戦には向かない

パッと見、スタンダードに見えますが、これ実は手首がめちゃくちゃ痛くなります。
しかも、角度的に手のひらでポンポンしづらく、手の甲でポンポンする形になりがちです。

意外とイケる!?

双子以外のママからは「えっ!?これどーゆーときクロス型になるの!?」と聞かれましたが、私にとってこれが一番スタンダードです。ピヨピヨ型よりはるかに手首も腕も疲れないので、2人同時ポンポン寝かしつけのときは超おすすめです。

時間がたつと…

子どもたちがコロコロ転がっていくと、どんどん子ども2人の距離が離れていき…最終的に私が大の字に。眠りかけた子どもたちを動かしたくないので、そのままポンポンしますが、私の手がつりそうになります。

敗北感…(笑)

どうしても子どもたちが寝ないとき、私がどうしても動けないときは、子どもたちに「眠れ~眠れ~」と念力を送ります。想いが強ければ強いほど、なぜか伝わりません(笑)

いかがでしたか?

我が家は双子なので、こんな感じになるのかもしれませんね。でもママが100人いれば、100通り以上の寝かしつけの仕方があります。ママは毎日の寝かしつけ大変ですが、少しでもこうやって自己分析すると楽しいかもしれませんよ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス