Licensed by gettyimages ®

6年目に突入しようとしているシリア内戦。状況が好転することはなく、2016年9月30日ロシアの空爆が始まり1年が経ちました。この1年シリアの人々は戦火の中逃げ惑い、民間人約3800人が死亡したと発表されました。

そんな中、崩壊したビルの中から生後2ヶ月の赤ちゃんが奇跡の救出され大きな反響を呼んでいます。

生きてるぞ!!!

Licensed by gettyimages ®

それは、2016年9月29日の出来事です。ロシア軍からの空爆で倒壊したビルの隙間から赤ちゃんの泣き声に気がついた、ボランティアのレスキュー隊員Abu Kifahささん。「生きてるぞー!」と周囲に知らせると、必死で瓦礫の除去に当たりました。これ以上、崩壊しないよう慎重に取り除かれる瓦礫の山。

出典 https://www.youtube.com

大勢の人々が、ただ赤ちゃんの命を助けようと2時間にわたる救出作業がなされました。救出時の赤ちゃんは、砂埃にまみれ泣き声は止んでしまっています。Abu Kifahさんは、赤ちゃんをしっかりと胸に抱き救急車へ乗り込みました。

出典 https://www.youtube.com

生後2ヶ月の赤ちゃん、泣き声も止み、ぐったりとはしていますが意識がある状態。一刻も早く病院へ向かう救急車の中、赤ちゃんを抱くAbu Kifahさんは溢れる涙を堪えることが出来なくなりました。

出典 https://www.youtube.com

救急車の中では、清潔なガーゼで赤ちゃんの汚れを落とし応急処置がなされています。胸に赤ちゃんを抱いたままの、Abu Kifahさんはただ命が助かりますようにと祈るしかなかったと。

出典 https://www.youtube.com

すると、そんな中で赤ちゃんが、Abu Kifahさんに向かい手を伸ばしたのです。まるでAbu Kifahさんのことをお父さんだと思っているかのように。。

出典 https://www.youtube.com

この子は自分の子どものような気がしたんだ…と語るAbu Kifahさん。この動画が公開され、シリアの厳しい状況や、救助された赤ちゃんの安否を気遣う声、また、Abu Kifahさんへの感謝のコメントが多数届いています。

Rescue Worker Cries after Pulling Baby From Rubble in Syria

出典 YouTube

・戦火の火が1日でも早く消し去りますように。犠牲者の方々の魂が神のもとで祝福されますように。

・私は恥ずかしいです。あなた方の勇気に敬意を払います。

・赤ちゃんを助けてくれて感謝します。シリアの人々に神の祝福を祈らずに入られません

・美しい涙、美しい人々

・思いやりを愛してください。私はあなた達のために祈ります。1日も早い平和を

・希望を捨てないで

出典 https://www.youtube.com

2016年6月12日シリアで停戦合意が行われましたが事実上崩壊したことは、皆さんもご存知だと思います。停戦から5日後には始まった空爆、19日にはアサド政権軍が停戦は終了と突如の発表。

アメリカ、ロシア、トルコ等の大国の思惑の中、泥沼化をたどるシリア、その中で犠牲になるのは、平和に暮らしていた国民たち。

そんな中、2016年9月12日から18日まで、シリア政府を援護するロシアと反政府を援護するアメリカの両国の仲介で2度目の停戦になりましたが…

自分を守る術もなく、日常を奪われ、住む場所も、行く場所もなく逃げ惑い、難民となった数は、なんと国民の約半分にものぼります。国外へ逃れたシリア難民は約410万人、国内で避難生活を送っている人々は760万人…世界の避難民の約5分の1という、他に類をみない規模となっているのです。

難民が目指したのは、周辺国の、トルコ、レバノン、ヨルダン。2016年は、2月中旬地点で既に82,000人以上の移民・難民が海を渡りヨーロッパに到達しています。しかし、爆発的に増える難民に支援団体の財源不足の問題が浮上。生活状態の悪化を辿っています。

ドイツが難民に積極的な受け入れ姿勢を見せてくれましたが、他国はどちらかというと遠慮気味。日本においては60人のシリア人から難民申請が出されましたが、認められたのは3人だけという結果です。これには、世界中から非人道的という批難の声があがりました。

過去、ドイツ=ナチス政権によるユダヤ人大量虐殺に関与し、人道に対する罪や戦争犯罪で責任を問われたアドルフ=アイヒマンは、その公判中に「一人の死は悲劇だが、集団の死は統計上の数字に過ぎない。」という言葉を残しました。

果たしてそうなのでしょうか?一人の命と集団の命の重さのどこに違いがあるのか、私たち先進国が出来ることを考えてみてはいかがでしょうか?

現代において、国が一つ滅びそうな歴史的危機。どんなことでもそうなのですが、個々の力ではどうにもならない状態でも、無力ではないということを知って頂きたいと思います。関係ない国の話、対岸の火事だと思わず、まずは知ること、目を向けることから始めてみてはと思います。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら