■伝説のパンクロックバンド「Hi-STANDARD」

難波章浩、横山健、恒岡章を中心に結成され、現在も活動中の人気パンクロックバンド「Hi-STANDARD(ハイスタンダード)」。90年代後期に日本で発生したメロコアブームの中心におり、まさにその象徴であった伝説のバンドです。筆者のようなアラサーアラフォーはまさに直撃世代でしょう。

そんなHi-STANDARDですが、2000年4月に発売したシングル「Love Is A Battlefield」がオリコン2位を記録した後、8月26日に千葉マリンスタジアムで自身が企画主催した「AIR JAM 2000」への参加を以て人気絶頂のさなか、活動休止の道を選びます。

しかし、震災を起因に復活

出典 http://ro69.jp

2011年3月、東日本大震災が発生した2週間後に、11年ぶりとなる「AIR JAM 2011」の開催を正式に発表。同フェスにおいて、個々に活動を続けていたメンバが揃い、Hi-STANDARDとして復活を果たしました。

それから5年が経ち、Hi-STANDARDとしては数々のライブ出演など精力的な活動を続けていますが、新譜の発売は活動休止した2000年4月のシングル以来、一切行っていませんでした。

■そんな中、本日10月4日…

CDショップにいきなり新譜が並ぶ

出典 https://twitter.com

なんと街のCDショップで、何の告知もなくゲリラ的に新譜を発表したんです!

■SNSには続々と報告のツイートが

みんな一様に驚きと歓喜でCDを購入している様子。

突然のCD発売も驚きですが、何よりもこんな声が多く聞かれました。

■それは、「この時代に凄い」という声

よく情報が漏れなかったね

Licensed by gettyimages ®

突然配信はよく聞くけど…

色々な人の目に触れながらお店に運ばれたり、ポップを作ったり…。そんなことを誰にも知られずにやり遂げるのは大変です。

お店の方々に拍手

確かに、ここまで準備した店員の皆さんも素晴らしいです!

ただただ凄い

実にハイスタらしい!

わかります。

このように、その販売方法も去ることながら「どこからでも情報が簡単に漏洩してしまう時代に、当日にいきなり店頭にCDが並び発覚するまでの情報規制が凄い」との声が多いようです。

きっと多くの方のプロフェッショナルな意識がそうさせたんでしょうね。

■実際は、CDショップの方にとっても驚きだったみたい

パンクロックバンド・Hi-STANDARD(ハイスタンダード)が4曲入りCD『ANOTHER STARTING LINE』を、事前告知なしに突如リリースした。10月4日(火)、店頭販売が確認されている。

Hi-STANDARDが新作を出すのは、2000年にリリースされたシングル『Love Is a Battlefield』から数えて16年ぶりとなる。その販売方法も含め、伝説のパンクバンドの新曲ということもあって口コミを中心に大きな話題となっている。

全国のタワーレコードやTSUTAYA、HMVなどで発売されている。編集部がCDショップ店員にうかがったところ今朝届いて、現場も詳細がよく把握できていないという。

出典 http://kai-you.net

今朝届いたばかりで、SNSにあるようなポップを作成できるショップ店員さんのスキルに驚きです。

■とにかく早く聞きたい!

筆者も買って帰りたいと思います!

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス