大量に電力消費をする「ポケモンGO」人気で、一躍注目を集めているのがモバイルバッテリー。そうでなくとも待ち合わせなどの肝心な時にピンチになるのがバッテリー残量だ。

そんな人々の味方がモバイルバッテリーであり、今回紹介する株式会社フォースメディア『世界の盾』は電力供給だけでなく、マグネット式スタンドが内蔵されているのが特徴だ。

バッテリー残量を気にせず、手に持つことなく出先で長時間の動画視聴が可能!

さっそく使ってみた。出張の新幹線のなか、颯爽とバッテリーを取り出す。

アルミニウムのメタリックな輝きにちょっとマットな手触りがカッコいい。ちょっと優越感。今までバッテリーチャージャーのテカテカの表面の指紋を拭き取っていたキレイ好きさんにもオススメである。

そしてスマホを立てかけて映画を視聴する。うん、快適。今までなんとなくスマホを握り締めて映画を観ていた。あれは何で握り締めてたんだろう?

多少車内が揺れてもびくともしない。いつも充電器だけをカバンに入れたり、前の座席の収納ネットに放り込んでいたのだが、これだったら充電コードが引っかかることもないので、イライラせずに済む。

サイズは2タイプ。小型サイズ「JF-PEACE52」(予想価格税抜2,480円)は約100gでスマホをフル充電できるだけの容量がある。毎日持ち歩けるお手ごろ感が魅力。

一方の大容量サイズ「JF-PEACE55」(予想価格税抜3,480円)は、スマホを2回フル充電できて、本体に4つ並んだ小さな上品なランプが充電状況や電池残量をお知らせしてくれる。

タブレットも安定して立てられるし、2.1A出力でタブレットの急速充電も可能。約165gと少し重いが、動画をガンガン視聴したいユーザーにはオススメである。

実際に使ってみると、思った以上にスタンド機能が使える。最初は「お出かけ用」と思っていたけれど、結局、家でもオフィスでもスマホの定位置に。

出かけるときはスタンドごと持ち出すので、忘れることもなく机の上もすっきり!小さな工夫でイライラ解消。どうせ必要なモバイルバッテリーだったら買っても損はないと思う。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス