記事提供:Techinsight

お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉が、お笑い芸人を集めた運動会で大怪我をしていたことが明らかになった。彼は昔から「運動神経が悪い」ことで有名なのだが、加えて年齢も40代半ばの中年男性である。

いきなり走って足がもつれ、負傷したのだろうか―と思いきや、ちょっと状況が違うようだ。

実は有野晋哉、昨春から密かにパーソナルトレーニングジムで体を鍛えていた。某有名ジムではないが食事制限も行う本格的なもの。

週2でジムに、週3でプールにも通っていた。だが有野が体を鍛えているのを知っているのは家族だけ、相方の濱口優にも知らせていなかった。自分から言うのではなく、自然と周りが“体が引き締まった”ことに気付いてくれるのを待っていたという。

しかし濱口も25年間有野を担当しているスタイリストも、そしてラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』のレギュラーメンバーらも、彼が1年以上も前から体を鍛えていたことや体型の変化に、誰一人気づくことはなかった。

10月1日の同ラジオ番組で、9月の放送分で欠席が多かった理由を「『リンカーン芸人大運動会2016』のリレー種目で骨折したから」と明かした有野。土曜日の収録で転び左鎖骨を骨折、翌週に全身麻酔の上金属製のプレートで骨折部を固定する手術を受けていたのだ。

番組レギュラーからは走っている最中に足がもつれたのかと思われたのだが、有野によると筋トレの成果で当日は人生で一番早いスピードで、走ることができたという。対戦相手は元陸上部員だったアンガールズの田中卓志だったが、いい勝負の展開となったらしい。

だが次の走者のずんの飯尾和樹にバトンを渡そうとした時、彼がモタモタしていたため2人は激突しそうになり、避けようとした有野が転倒。咄嗟に手を出すことができず、頭から地面に倒れこんだという。

脚のウエイトトレーニングで筋力はアップしたが、元来の運動神経の悪さが露呈してしまう形となった。おまけにしばらく筋トレは禁止ということで、「またブヨブヨの体に戻ってしまう」と肩を落とす有野であった。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス