Twitterユーザーの「ナイトウミノワ」さん(@minowa_)が、ケーブルテレビの工事のために、家に業者さんを呼んだところ…

「怖い人なのかと思いました……」

出典 https://twitter.com

そう言われたそうです。

Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

「ナイトウミノワ」さんも、ごめんね……人が来ること想定してないものですから……」と思ったそうなのですが、一体なぜ「ナイトウミノワ」さんが怖い人と勘違いされたのか…

その答えは、こちらの写真に隠されていました…

それがこちら!

出典 https://twitter.com

こ…これは…!?

次に誰かが狙われてるやつですよね…。犯人がひとりひとり消していくやつですよね…。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

よく見たら落語家さんの写真が散りばめられているわけですが…パッと見は確かに、犯人が犯行計画を立てる際に使っていそうな仕上がりになっていますよね…。

こちらのツイートは、投稿されてから1日半程度で8,500RT(リツイート)もされるくらい話題となっており、この写真を見た人たちからは…

これは怖い(笑)」
「1人また1人と落語家が行方不明になったら真っ先に疑われますね」
遂に見られてしまいましたか…w」
「これはww 映画でよくある憧れのあれ!」
プロファイラーか刑事みたい」
「計画か、捜査か。事前か、事後かで解釈が変わりますぅw」
全員幹部クラスもしくはそれ以上の人に見えるのでさらに怖さうpですね」
「特にこの歌丸師匠、何度見てもこわくてかっこいいっす!」

などのコメントがたくさん挙がっています。たしかに、刑事側としてとらえるか、犯人側としてとらえるかで見え方が変わっていますね。

出典 https://twitter.com

そして若い頃の歌丸師匠の貫禄がすごいです…。

落語家さんと寄席を繋いでいる!

どうやらこちらは、犯行計画でもプロファイリングの材料でもなく、「落語」をテーマにした作品で、落語家さんと寄席とを赤い糸で結んでいるということです。

「ナイトウミノワ」さんから、制作時の工程が分かるページを教えてもらったのでご紹介しますね。

まずはこちらを準備!

地図(本屋で約1,000円)
人物写真(寄席でもらったチラシ、無料)
ポストイット(家にあった、約200円)
赤い紐(100均)
両面テープ(家にあった、約200円)
ホチキス(コンビニで約300円)
プッシュピン(100均)
寄席の半券(1,500~3,700円)
アンティークの鍵(蚤の市で500円)
小さいビニル袋(家にあった、約200円)
popeye(ジャズと落語号、780円)
東西寄席演芸家名鑑(本屋で約2,000円)
貼って剥がせるテープ(100均)
マジックペン(100均)

出典 http://fragile.mdma.boo.jp

基本的な材料だけだと2,000円くらいで作れますね。

出典 http://fragile.mdma.boo.jp

まずは地図を壁に貼ります。詳細地図を地域毎に貼ると雰囲気が出ますね。貼り終わったら、好きな場所にマジックペンで◯を書き、ポストイットなんかも貼ってみましょう。

出典 http://fragile.mdma.boo.jp

切り抜いたチラシや写真などを、貼って剥がせるテープで仮置きします。

出典 http://fragile.mdma.boo.jp

それぞれの位置が決まったら一気に仕上げに!写真をピンで、雑誌記事切り抜きなどはホチキスで留めていきます。寄席の半券やアンティークの鍵を、小さいビニール袋に入れてピンで留めておくことで、「証拠品」みたいな雰囲気を出すことが出来ますね。

出典 http://fragile.mdma.boo.jp

場所や人物写真などに押したピンを赤い糸で繋いだら完成ですね!

出典 http://fragile.mdma.boo.jp

落語家さんと寄席を繋いでいるだけなのに…いまだに犯行計画にしか見えない…。きっと歌丸師匠の若い頃の写真のせいだ…(笑)

こちらは、好きな映画タイトルと映画館や、お気に入りのカフェとドリンクの写真なんかで繋いでも面白いかもしれませんね!(それだとここまで怖くはならないでしょうし…笑)

みなさんも、是非こちらを参考にお好みの作品を作ってみてくださいね!

くれぐれも、工事でやってきた業者さんを驚かさない内容でお願いしますね…(笑)

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス