Instagramに載せたくて、おしゃれなアイテムを奮発購入し、さらにお値段以上に魅せるべくフォトジェニックにアップ…。イマイチ「いいね!」も付かず、いつの間にか「#(ハッシュタグ)」だらけになっていたMyページを眺めながら、わたくしは我に返っていた。

「安いのにお値段以上なモノこそ、正義だ」

加工やテクニックに頼るのではなく、そもそも“お値段以上”に見えるものに出逢いたい…。

こうして始まった「安かろうスゴかろう」といえる真のイイモノ探し。前回は「2万円の人気シューズと瓜二つ。GUに憧れの“モカシン”が1000円台で売っていた!」を堪能。そして第17回目となる今回 、わたくしがイケると確信したのは…。

vol.17「まさに黄金の味わい。セブン-イレブンの『セブンゴールド』シリーズ7選」

出典Spotlight編集部

以前ご紹介した「オール100円台なのに中身は贅沢。今買うべき、セブン-イレブンの商品7選」では、「サラダチキン」や「明太ポテトサラダ」をはじめとした、今セブン-イレブンで買うべきリーズナブルな食品を、多数ご紹介しました。

どれもお値段以上な味わいに舌鼓を打ったわたくしは、ほかにもプチ贅沢をかなえる商品があるのでは…とリッチさを追求した結果、たどり着いたのがこの「セブンゴールド」。

その味の自信と洗練を感じさせる「金の」という商品名が特徴なこのシリーズ。数年前から大ヒットしている「金の食パン」だけではなく、じわじわとバリエーションを拡大させ続けていました。そこで今回は、食欲の秋に満喫すべき「セブンゴールド」の商品を7つご紹介します(セブンだけに7つ)。おかずからおつまみ、お酒、スイーツまで一気にいってみましょう!

1.「金のビール」350ml(税別205円)、500ml(税別265円)、「まろやかエール<無濾過>」(税別212円)

出典Spotlight編集部

金色の輝きが似合うものといえば、ビール。サントリーとのコラボ「金のビール」と、キリンとのコラボ「まろやかエール<無濾過>」は、どちらもビール好きを唸らせる深いコクが魅力です。4種の厳選麦芽を使用し、麦の旨味が引き立った「金のビール」と、フルーティーな香りとまろやかな味わいが後を引く、無濾過製法で作られた「まろやかエール」。

好みによって2種のビールを飲み分けたり、友だちや家族と飲み比べてみたりしても楽しそうです。

出典Spotlight編集部

ワオ♡

2.「金のウィンナー」(税別328円)

出典Spotlight編集部

お酒を飲み始めたらほしくなるのが、おいしいおつまみ。重厚なおつまみがたっぷりほしい!というときにおすすめなのが、「金のウィンナー」です。このウィンナーは、丁寧なスモークによる食欲そそる香りともに、肉厚な味わいを楽しめます。フライパンでさっと焼けば、パリッとジューシーな贅沢おつまみを堪能できちゃいます。

出典Spotlight編集部

3.「金のロースハム」(税別328円)

出典Spotlight編集部

リッチ感のあるおつまみとして、また料理への付け合せとしてプラスしたいのが、「金のロースハム」。もっちりと厚みのある食感がたまりません。じっくり熟成させた旨味ある肉は、そのまま食べてもよし、パスタやサラダなどに盛り付けてもよし、バリエーション豊かに楽しめる一品です。

4.「金のハンバーグ」(税別369円)

出典Spotlight編集部

お酒、おつまみときたら、次はメインディッシュです。今もっとも注目度の高いセブンゴールド商品といえば、この「金のハンバーグ」。黒毛牛肉を贅沢に使ったふっくらとしたハンバーグと、牛ひき肉と香味野菜を赤ワインで煮込んだデミグラスソース。

もしもなにも知らずに食べたら、まさかレトルト食品とは思えない味わいです。香りも豊かなので、とってもリッチな気分になれます。

出典Spotlight編集部

ソースもおいしいんですよ♡

5.「金のビーフカレー」(税別369円)

出典Spotlight編集部

続いても、贅沢に牛肉をたっぷり使った一品、「金のビーフカレー」。レトルトのカレーというと、具材が少なめ…という印象を持っている人も多いかもしれませんが、このカレーにも黒毛牛肉が使用されており、大きく角切りにされた牛肉がゴロゴロと存在感があります。こんなに牛肉が入っていいていいの!?と困惑するレベル…。

22種類のスパイスとすりおろされた香味野菜のルーが香ばしく、こちらもレトルトとは思えない完成度を誇っています。

出典Spotlight編集部

6.「金の麺 味噌味」(税別72円)、「金の麺 醤油味」(税別66円)、「金の麺 塩味」(税別68円)

出典Spotlight編集部

お酒を飲んで、一通り食べて、最後になにか締めたいな…というときは、「金の麺」がおすすめです。味噌味、醤油味、塩味の3種が展開されているこの袋ラーメンは、生麺のようになめらかでコシのあるノンフライ麺と、味わい深いスープを使ったこだわりのラーメンです。チキン・ポークエキスをベースに、赤味噌と白味噌の合わせ味噌による味噌味。鶏ガラと魚介のだしが効いた、あっさりかつコクのある醤油味。魚介と昆布のだしを加え、赤穂の塩を使用した塩味。好みに合わせて、手軽に自宅で本格ラーメンを楽しむことができます。

7.「金のバニラアイス」「金の抹茶アイス」(税別248円)

出典Spotlight編集部

食事の最後にほしいのは、やはりスイーツ。この「金のバニラアイス」と「金の抹茶アイス」は、どちらも濃厚で豊かな風味と、芳醇な香りでアイス好きから注目を集めている一品です。

天然のマダガスカル産バニラを使った「金のバニラ」と、老舗「丸久小山園」の一番茶と二番茶をブレンドした抹茶を使った「金の抹茶」。どちらもシンプルながら、「極み」を感じさせる洗練度です。食後に食べれば、思わずまどろんでしまうことでしょう。

食卓が黄金の輝きに!「セブンゴールド」で安かろうウマかろう体験

いかがでしたか?ほとんどが200〜300円台ながら、これまでのコンビニ食品のイメージを覆す、リッチな味わい深さです。「金」の名に偽りなしの、濃厚な味わいや確かな食べ応えを低価格で楽しむことができるので、とっても気軽に食卓を1品プラスできるのもうれしいところ。

夕食を作るのがちょっぴり面倒なときでも、「セブンゴールド」だけで簡単にプチ贅沢ができちゃいますね。

ホラ、こんなふうに。

ご覧ください、あっという間に満足感のあるディナーを演出できました。「セブンゴールド」の商品で、お高く魅せることに成功したわたくし。恒例のインスタアップも完了し、金色に輝く味わいを堪能しながら、こうしてまた「安かろうスゴかろう」なモノハンティングに繰り出すのであった。

――続く

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス