中身も長さも決め手じゃなかったソーセージ

ソーセージ、フランクフルト、ウインナー……実にポピュラーな食品です。でも、それぞれの違い、ご存知でしょうか。日本における呼び名の使い分けは農林水産省によってちゃんと定義されています。いわゆる挽き肉の腸詰料理、呼び名の使い分けについてまとめてみました。

ウインナーもフランクフルトもすべて「ソーセージ」

農林水産省によるJAS規格(日本農林規格)では「ソーセージ」とは、挽き肉やその他の原料をケーシング(天然:動物の腸、人工:コラーゲン・セルロース・合成フィルム等)に入れたものと定められています。ケーシングはソーセージの表皮ですね。

つまり、ウインナーやフランクフルトはすべてソーセージの一種ということ。細長い袋状に詰められた挽き肉料理全般を総称している言葉がソーセージなのです。

ウインナーとフランクフルトの違いは?

ソーセージをウインナーソーセージと呼ぶのかフランクフルトソーセージと呼ぶのか、この点については農林水産省が以下のように規定しています。

出典 http://mitok.info

(農林水産省「ソーセージの日本農林規格」より)

つまるところ、ケーシングの種類か太さ(直径)で分類しているんですね。

ケーシングの種類が

牛腸なら ……ボロニア(ボローニャ)
豚腸なら ……フランクフルト
羊腸なら ……ウインナー

と呼びます。これが基本ですね。羊腸を使ってボロニア、牛腸を使ってフランクフルトと呼ぶことはありません。

そして動物の腸ではなく人工ケーシング(コラーゲン製やセルロース製など)を使っている場合は、

人工ケーシングでソーセージの太さ(直径)が

36mm以上なら ……ボロニア
20〜36mm未満なら ……フランクフルト
20mm未満なら ……ウインナー

と呼ぶわけですね。

ソーセージの呼び名は、中に詰められた挽き肉の種類や長さではなく、ケーシングの種類、人工ケーシングならその太さ(直径)によって区別されるのです。

なんとなく使い分けていたソーセージ、フランクフルト、ウインナー……といった言葉ですが、日本においてはこのような基準で使い分けられていたのですね。

呼び方に困ったときは(そんなシーンある?)、すべてを含む「ソーセージ」という言葉を使っておけば間違いはないでしょう。

余談。日本でもっとも食べられているソーセージは、オーストリア・ウィーン生まれのウインナーソーセージ。ドイツのフランクフルトソーセージをより食べやすい小さなサイズにするため、豚腸よりも細い羊腸に詰めたことがその発祥なのだそうです。

<参考リンク>
伊藤ハム|お役立ち情報

この記事を書いたユーザー

mitok(ミトク)編集部 このユーザーの他の記事を見る

コンビニ・グルメ・ガジェットのおすすめ検証サイト「mitok(ミトク)」の公式アカウントです! http://mitok.info/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス