本当にそうだね。
しかし今年の春頃は手術など出来る状態ではなかったのです。
根治手術ではないのですが、
私は本当に心の底から手術が出来て良かったと思っています。
手術した当日は私、

バカみたいに、

いつも信じきってくれて、

ありがとう。

思い出しました。



闘病が長くなってきて、

皆、心身疲れてきたとき、

主人が、私の母に言ったそうです。


母から聞きました。


「大変なとき、
悲しいことにバラバラになってしまう家族もある。

でも、僕たちは、一致団結できる家族だと思っている。

今、誰かひとりでも、違う方向を向いたら、バランスが崩れてしまう。

皆で、同じ方向を向いて、踏ん張りましょう」と。


いい旦那さんだ…。



気づいたら、のろけていました。

すみません。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス