ディズニーで日付指定券限定入園日がスタート!

東京ディズニーリゾートでは、2016年10月1日より日付指定券限定入園日が導入されました。これからは、日付指定券限定入園日には、オープン券などの日付指定のないチケットなどの”入園保証のないパークチケット”では入場する事が出来きません。

導入初日は大きな混乱はなかったものの、まだ知らないゲストも多く、SNSでは「朝早くから並んだのに入れなかった」など投稿も見られました。

前売りを買ってないとパークには入れないの?

日付指定券限定入園日と聞くと、日付指定の前売券をあらかじめ持っていないと入園出来ないの?と不安になってしまいますよね。安心して下さい。
基本的には、当日券の販売は今までどおり行われます。スターライトパスポートなども今まで通り発売されます。

ただし入場制限がかかった時には、今まで同様、当日券の販売は「入場制限が解除されるまで」中止となります。

また、年間パスポートでも今まで通り入場する事ができます(2パーク年間パスポートは入園制限時には入園できません)

入場できないチケットってどれ?

では、日付指定券限定入園日に入園できないはどれなのでしょう。それはオープン券と呼ばれる「日付指定のないチケット」

有効期間が発券から1年間の1DAYパスポートで、有効期限内なら引換不要で入園できるチケットです。ご自身で購入された場合の他にも、プレゼントされたり、景品でもらったりするチケットは、このオープン券である場合が多いでしょう。

このチケットの場合、入場制限になっていなくても入場することはできません。

オープン券だと絶対に入れないの?

所定の手数料がかかりますが、ディズニーストアでお手持ちのオープンを日付指定券に変更することで、日付指定券限定入園日のパークに入ることは可能となります。もし来園日が決まっている場合には、事前に変更しておくことをお勧めします。

当日にチケットブーズでも日付指定券への変更は可能です。ただし、入場制限になってしまうと、この変更手続きはできなくなります。

チケット裏面のQRコード左上にあるマークが「0」マーク以外(または無印)のチケットは日付指定券への変更手続きはできません。

出典筆者撮影

スポンサーパスポートなどの日付指定のないチケットでも入園保証のある場合もあり、必ずチケット裏面にその旨が記入されています。入園保証が無い場合は「日付指定券限定入園日は使用できません。」と記載してあります。こちらの注意書きをチェックすることで、日付指定券限定入園日に入場できるかがわかります。

出典筆者撮影

実はディズニーのチケットは多様で、全部で100種類程度あると言われています。御自身のチケットが入園可能なものか、変更可能なものか、心配な方はインフォメーションセンターへお確かめ下さい。

10〜12月の土日祝日は”日付指定券限定入園日”

出典Bhttp://www.tokyodisneyresort.jp/manage/info/ticket150917/

ハロウィン、クリスマス、冬休みと、魅力的なイベントが目白押し、長期休みなどでパークに行く予定の人も多いのではないでしょうか。

前売りチケットを持っているのにパークの入口まで行って入れない!とならないためにもに、日付指定券限定入園日に確実に入園したい場合には、事前に日付指定券を購入すると良いでしょう。

※日付指定券限定入園日については、下記リンクの公式HPをご覧ください。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス