10秒ロース
680円

焼肉屋で生肉で食べられなくなって久しい。厳密にいえば、生で食べることはできるものの、厳しい基準で管理と調理をされた肉のみ、生で食べることができる。よって、店も客も高いハードルゆえに生肉から疎遠になりつつある。

・やむを得ず「10秒ロース」として提供

今回ご紹介するのは、たった10秒間しか焼かなくていいロース。正しく言えば、片面5秒、もう片面を5秒、計10秒だけ焼けば食べられるロースだ。そもそもこのロース、かつて生で食べる用に提供されていたロースで、規制が厳しくなってから、やむを得ず「10秒ロース」として提供している。

・焼くことでさらに美味しく感じる

だからといって、生で食べるのは絶対にやめておこう。自分は良くても、場合によってはお店に迷惑がかかる。しかし「もう生の美味しさを堪能できないのか」と言って悲しむことはない。この10秒ロース、焼いても生肉本来の美味しさを堪能できるだけでなく、焼くことでさらに美味しく感じるからだ。

・加熱から生まれる旨味の増幅

生で食べて美味しい肉は、旨味(いわゆる肉汁)の質が良いと言われている。皆さんご存知の通り、旨味成分は加熱によって増幅されることがある。肉をさっと炙ることにより、生肉としての美味しさはそのままに、香ばしさと「加熱から生まれる旨味の増幅」が堪能できる。

・悲観しなくて良いクオリティ

10秒ロースが過熱しても美味しい理由はそこにある。なので、火を通すことを決して悲観することはないのだ。ただし、ロースは火を通し過ぎるとパサつき、ジューシーな食感と旨味エキスが半減してしまう。10秒が丁度良いのだ。

焼肉好きは「ここの10秒ロースがあまりにも美味しいので、あまり教えたくない」と語る。そんな気持ちに応えて、掲載する写真を2枚だけにしておこう。

焼肉よね田

住所:東京都杉並区西荻北3-19-1 西荻ビル B1F
時間:17:00~24:00
休日:無休

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス