■一世を風靡した人気漫画「デスノート」

原作:大場つぐみ、作画 :小畑健によって、2003年12月から2006年5月まで週刊少年ジャンプに連載していた「DEATH NOTE(デスノート)」。

そのストーリーは「名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート“デスノート”を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。」(Wikipediaより)といった内容です。

連載当時から大人気で、アニメ化されたり、実写映画化されたり、最近では実写ドラマ化されたりと常に話題を振りまいてきた同作。

最新映画も10月29日から公開予定

出典 http://wwws.warnerbros.co.jp

10月29日からは、マンガ完結から後のストーリーを描いた「デスノート Light up the NEW world」も劇場公開予定。豪華キャストで完全オリジナルストーリーという事もあり、ファン注目の一作となっています。

■そんな中、このタイミング発売される”ある商品“が話題

それは、原作コミックの完全収録版

出典 http://www.amazon.co.jp

2006年に連載が終了した同作。あれから10年も経ちますので、原作を読んだことの無いという方や、読んだけど詳しい内容を忘れてしまった、持っていた単行本を手放してしまった…という方も大勢いらっしゃるでしょう。

そんな方々のためなのか、集英社よりこの度コミックス全12巻を1冊にまとめた「DEATH NOTE 完全収録版」を発売することが決定しました。更に、実写映画化に合わせて少年ジャンプに掲載されたものの、コミックス未収録のままとなっている読み切り「映画『L change the WorLd』公開記念特別編」も収録。収納ケースが付属して、税抜き2500円と、普通に単行本を12冊買うよりもかなりお手頃な価格設定。

これにはファンも大歓喜…かと思いきや、実はその内容とは全く違うところが話題になっているんです。

■その反応は「厚すぎる…」

広辞苑より厚い!?

本屋さん泣かせ

そんな分厚いの??

薄いけど厚い

どっち!?

さらに

・馬鹿じゃねーの
凶器やん
・デスノートで殺人が可能になるな
・(死因)デスノートで殴られて死亡

など、様々な反応が。

■最近ではこち亀の200巻の厚さが話題になりましたが…

200巻でちょうど終わらせる為か、単行本ではあまり見ないレベルの厚さと話題になりましたが、流石に広辞苑レベルとは程遠いもの。

では、一体「デスノート完全収録版」はどんな凄い姿なのか…

■では、実際の商品を御覧ください

2400ページ、厚さ約8センチというその姿がこちら

出典 http://sp.kahoku.co.jp

確かに広辞苑より厚そう…

確かに詳細を見ると、「全巻BOX」的なものではなく、「全12巻を1巻にまとめた…」と書かれています。そりゃあ厚くなりますよね…。ネットの反応でもあったように、たしかにこれなら物理的にデスノートで人を殺す事ができそうなレベルです。

本を開くとこんな感じ

出典 http://www.cinematoday.jp

これはベッドに横になって仰向けで読むなんて事はできそうにありません。仮にやったとして、不意に顔に落とそうものなら…。本当に命を奪われそうなレベルです。

既刊コミックと並べてみると

出典 http://www.cinematoday.jp

こう見ると、全12巻が半分近くの薄さに…。

これは厚いのか薄いのかわからなくなってきた…?

■発売は10月4日

なかなかの厚さですが、前述したとおりコミック未収録である「映画『L change the WorLd』公開記念特別編」も収録された、ファン垂涎の一品。

漫画版を読んだことがない方や、手放してしまったという方は、是非購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス