記事提供:Photrip

すごく気になる!どうでもいいことだけど知りたい!そんな疑問や不思議を調査する「世界ふしぎ解決団」。今回は、エッフェル塔のてっぺんってどうなってるの?という依頼をいただきました。さっそく調べに行ってみましたよ。

大阪万博の太陽の塔と同類

そもそもエッフェル塔とはどんなものなのか?実はこれ、1889年にパリで開催された「第4回万国博覧会」の巨大オブジェとして作られた搭で、博覧会が終了したらすぐに破壊する予定だったんですね。

でも人気があったし「ブッ壊すの少し待とうか」「軍事用の電波送受信にも使えるぞ」ということで、ずるずると破壊せぬまま今に至ります。規模は違いますが、大阪万博の太陽の塔と同類なのです。

てっぺんの写真を誰も撮らない

そんなエッフェル塔ですが、観光客が撮影する写真は「ふもと」「全景」「てっぺんからの眺め」の3つが大半を占めます。

それゆえ、観光客が撮った写真を見ても、てっぺんのあたりがどういう構造になっているのか、そのあたりよくわからないのです。ガイドブックや絵葉書を見ても、だいたいは全景ですよね。てっぺんの形状なんてよくわかりません。

異様に雑然としている

ということで、当編集部は超望遠レンズを用意。エッフェル塔のてっぺんがどうなっているのか、細かーーいところまで撮影してみました!

その結果、この記事の写真を見ればわかると思いますが、異様に雑然としている事が判明!デコボコしているし、なんか布で覆われている部分もあるし、東京タワーと東京スカイツリーのように整然としていません。

建造から100年以上が経過

だがそれがいい!武骨で無機質な感じだからこそ、鉄骨感あふれる屈強なイメージのエッフェル塔といえるのではないでしょうか。確かに頑丈そうですもんね。すでに建造から100年以上が経過しているエッフェル塔ですが、これからもパリのシンボルとして存在し続けてほしいものです。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス